So-net無料ブログ作成
絵画史 ブログトップ

群馬県立館林美術館 企画展「エキゾティック×モダン  アール・デコと異境への眼差し」 [絵画史]


 群馬県立館林美術館にて、企画展「エキゾティック×モダン  アール・デコと異境への眼差し」を開催しています。展覧会について御紹介いたします。

banner_w600.jpg


【開催概要より】
 両大戦間期と言われる1920~30年代のフランスでは、美術や、ファッション、宝飾、家具などの装飾に新しい美意識が生まれました。
 本展は、「アール・デコ」と呼ばれるこの時代の装飾スタイルにおける新しい時代感覚すなわち「モダン」の源の一つとして、「エキゾティック」な要素に着目したものです。
 20世紀初め、ファッションに革命をおこしたポール・ポワレによる中近東やアジアを着想源とした衣服、1922年のツタンカーメン王墓の発見を機とするエジプトブームを反映したジュエリー、漆芸家の菅原精造に学んだジャン・デュナンの工芸品、あるいは東洋に倣った陶磁器など、アール・デコの作品では形、素材、技術の面において、非ヨーロッパ圏の芸術を応用した作例が見出されます。
 この時代の異国は、夢見るものから自ら赴く場所へと変化していました。シトロエンによるアフリカ縦断・アジア横断クルージング、植民地での美術学校創設、留学奨励などにより現地に取材した芸術家たちが、ダイナミックな絵画、彫刻を生み出します。
 パリでは、アメリカの黒人歌手・ダンサーのジョセフィン・ベイカーの活躍や、1931年の「国際植民地博覧会」開催、珍しい動物がもたらされた動物園の人気など、エキゾティックで活力あるシーンが都市を賑わせました。
 本展では、フランス所蔵の国内初公開作品を含む、衣装、ジュエリー、家具や工芸品、雑誌・ポスター、彫刻、絵画など、国内外の作品約90点を通して、アール・デコにおける異境への眼差しを見ていきます。


観覧案内
会期 2019年1月22日(火)~3月31日(日)
時間 午前9時30分~午後5時 ※入館は午後4時30分まで
休館日 月曜日(ただし2月11日は開館)
観覧料 一般 820 (650) 円、大高生 410 (320) 円   ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。
主催 群馬県立館林美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
協力 日本航空、ルフトハンザ カーゴAG
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所


お問合せ
群馬県立館林美術館
住所: 〒374-0076群馬県館林市日向町2003
電話: 0276-72-8188

URL http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/exnow.html






nice!(0)  コメント(0) 

コミュニティスペース「二十二夜」特別企画「会津八一の芸術に触れる」 [絵画史]

image.jpg
「二十二夜」のシンボルとなる蔵。内部はギャラリーとして使用されている。

image.jpg
二十二夜代表の青山延子さん

image.jpg
会津八一「秋艸道人」が揮毫した書画掛軸を前にしてのレクチャー


2019年3月2日、熊谷市中西のコミュニティスペース二十二夜〔熊谷の結わえるトコロ〕での特別企画「会津八一の芸術に触れる」を開催しました。昭和時代から「二十二夜」の蔵にて保存され、後に熊谷市上之の古刹・龍淵寺にて収蔵されている美術品の一つが、美術史家そして歌人として活躍した会津八一氏による直筆の書画です。その書画の掛軸2点を二十二夜にて特別公開し、解説会【会津八一の生涯と芸術論序説―美術史家と熊谷短歌文化の関わり】を行いました。午前と午後の2回の解説会を開催し、多くの方々が書画を堪能されていました。

 このコミュニティスペース「二十二夜」は、敷地内にある如意輪観音信仰に基づく女性による寄り合いであった「二十二夜様」に着目し、この地で生まれ育った青山延子さんら女性を中心に2018年夏にオープンしました。





nice!(0)  コメント(0) 

晴湖の道保存会と立正大学原美登里研究室による熊谷市上川上地区での取り組みについて [絵画史]

image.jpg
晴湖の道保存会と立正大学原美登里研究室との打ち合わせ会議


 熊谷市上川上地区(旧上川上村)に画室を構えた画家の奥原晴湖の顕彰を進めている「晴湖の道保存会」と、立正大学地球環境科学部地理学科の原美登里准教授が、現在進めている上川上地区でのフィールドワーク調査について情報共有の打ち合わせ会議を実施しました。原美登里研究室では、上川上地区の史跡や石造物、水文化などについて調査を進めており、当地にゆかりの深い画家の奥原晴湖の絵画などにも関心を深めています。この上川上地区には2019年ラグビーワールドカップの開催地となる熊谷ラグビー場があり、開催と合わせて来訪者に上川上地区の文化や歴史を知ってもらおうという事業を準備しています。その一例として晴湖の道保存会では「晴湖」と冠した日本酒の販売を目的とした取り組みを進めています。原研究室でも地域の歴史を発信する媒体の準備に向けて調査を加速しているとのことです。熊谷市教育委員会としてもこれらのプロジェクトに協力しながら、ラグビーワールドカップに向けて、地域文化の再認識や発信に努めていきたいと考えています。



nice!(0)  コメント(0) 

群馬県立近代美術館 特別展示「アミちゃんの誕生-西美公二のコンステラシオン-」 [絵画史]


 群馬県立近代美術館では、特別展示「アミちゃんの誕生-西美公二のコンステラシオン-」が開催されています。“アミちゃん”ワールドで知られる西美氏の作品を観ることができます。オーロラの中に、まるで座敷童子(わらし)のように出没する《かたち》をアミちゃんと名付けたそうです。


amichans.jpg



開催概要(同美術館サイトより)
特別展示
「アミちゃんの誕生-西美公二のコンステラシオン-」


西美公二は1957年(昭和32)広島市に生まれました。81年武蔵野美術大学を中退し、渡仏。菅井汲や松谷武判のアシスタントをしながら、制作活動を展開していきます。その後、パリを拠点に、フランス国内で作品を発表し、92年 第24回 カーニュ・シュール・メール国際展 第1位受賞。2000年からフランスと日本各地で定期的に作品を発表していきます。また、その頃から、ノルウェーで見たオーロラに魅せられ、絵画空間における星座(コンステラシオン)を発見し、そして、以前座敷童子のように、西美自身の周りに頻繁に出現していた「アミちゃん」のイメージがこの星座(コンステラシオン)のなかに、絵画の貌として表象していく様を強く認識するようになっていきます。 本展ではこの「アミちゃん」を中心に、可愛さと気持ち悪さ、おふざけとはにかみ、エスプリと小粋さ、原始絵画の形象と宇宙船のような未来的形態が入り交じる、西美公二の世界を紹介します。



会  期  2018年9月15日[土]-12月17日[月]
 午前9時30分-午後5時(入館は午後4時30分まで)
休 館 日  月曜日(祝日の場合はその翌日 ただし11/26、12/10、
 12/17は開館)、11/12~22、12/3~6、12/12
会  場  群馬県立近代美術館 展示室 5
観 覧 料  一般:300(240)円、大高生:150(120)円 
 *(  )内は20名以上の団体割引料金
 *中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方と
 その介護者1名は無料
 *群馬県民の日(10月28日)は観覧無料
主  催  群馬県立近代美術館
協  力  西美公二展実行委員会

詳しくは美術館の展覧会サイトをご覧ください。
http://mmag.pref.gunma.jp/exhibition/nishimi.htm









nice!(0)  コメント(0) 

晴湖研究会からラグビーワールドカップに向けて [絵画史]

4月に開催した奥原晴湖書画研究会について、会場となった熊谷市上之の龍淵寺の通信誌「龍淵寺だより」に掲載されました。同会を主催した晴湖の道保存会の八木原会長による報告で、盛況だった会を機に、更なる晴湖のPRを進めていきたいという気持ちが伝わってきます。そして、約1年後に控えたラグビーワールドカップに向けて、会場の熊谷ラグビー場近くに画室を構えていた晴湖を媒介に様々なアイデアが登場しているようです。日本文化に対する外国からの関心を象徴する「ジャポニスム」が流行している今、熊谷の文化発信のために晴湖絵画の存在価値は高まりを見せているように感じます。

image.jpg
「龍淵寺だより」47号 2018年7月発行


nice!(0)  コメント(0) 

講演会「奥原晴湖の生涯と芸術」資料のスライドショー [絵画史]





本年4月21日に熊谷市上之の龍淵寺で開催された奥原晴湖一門書画研究会の講演会「奥原晴湖の生涯と芸術―晴湖芸術の変遷と「南画」の影響関係をめぐって―」とギャラリートークの動画を先日アップしましたが、その講演会でのパワーポイント資料をスライドショーとしてYouTubeの江南文化財センターのサイトにアップしました。奥原晴湖の生涯と、その絵画の変遷について当時の美術史の流れを俯瞰しながら解説した資料です。また、晴湖の絵画文化がいかに門下生に継承され、顕彰されてきたかという点とともに、晴湖の存在と絵画群を今後いかに保存活用し発信していくことが可能かという点について言及した内容になっています。どうぞご参照ください。





nice!(0)  コメント(0) 

『アートな夜!』 森田恒友『晩春風景』 [絵画史]


制作協力をした森田恒友関連のテレビ放映情報をお伝えします。

tsunetomi.jpg
森田恒友『晩春風景』


【内容】
 画家と絵画の紹介と同時に、紹介した画家や絵画の世界観とシンクロする音楽を演奏する番組『アートな夜!』。満を持して熊谷出身の画家、森田恒友(1881-1933)の絵画が登場します。紹介される絵画は森田恒友の『晩春風景』(熊谷市立熊谷図書館所蔵)です。大正6~7年頃(1917-1918)に制作された紙本墨色の絵画で、白と黒の色彩で晩春の山里風景が描かれています。

 森田恒友は旧玉井村で生まれ、東京美術学校(現・東京藝術大学)で洋画を学んだ後、大正4年(1915)まで渡欧しフランスなどで多くの油彩画を描いていますが、帰国後、日本画へと転向し新たな絵画世界を表現していくことになります。『晩春風景』はこうした今後の手法について様々な模索と創作を続けていた時期に描かれた作品です。そして、今回の番組でこの絵画とシンクロさせる音楽は「Nella Fantasia」(私の空想の中では)です。この曲はサラ・ブライトマンのアルバム『エデン』に収録され、エンニオ・モリコーネ作曲の音楽にイタリア語の歌詞をつけたものです。恒友にとって転換点となった絵画と音楽の融合をお楽しみください。

概要
【放送局】 BSフジ 
【番組名】 BSフジ『アートな夜!』
【放送日時】
平成30年7月2日(月) 
22時55分~23時00分
   再放送 7月9日(月) 
22時55分~23時00分
 (放送日程が変更される場合があります)

番組ホームページ
http://www.bsfuji.tv/artnayoru/




nice!(0)  コメント(0) 

熊谷絵画史と恒友の日本画 [絵画史]


image (60).jpeg


image (62).jpeg
森田恒友「風景」(日本画)


 熊谷市三ヶ尻にある三尻中部集落センターにおいて市政宅配講座「文化財絵画の招待」を開催しました。熊谷における絵画の歴史を重要文化財「阿弥陀聖衆来迎図」を皮切りに、市内の社寺が有する絵画、熊谷と関わり合いのある人物による絵画など、その綿々とした歴史の中で熊谷の郷土に根付いた絵画史には多くの魅力で溢れています。本講座を行った三ヶ尻には江戸時代後期に当時の江戸を代表する知識人で著名絵師であった渡辺崋山が来訪し、観音山の龍泉寺に滞在しながら、当地の地誌や絵を残しています。それ以降、奥原晴湖や森田恒友といった国内でも有名な画家が活躍し、地域の歴史を彩る多くの絵画が生み出されてきました。講座では「鎌倉文士に、浦和画家」というフレーズにも対峙できる「熊谷画家」の列伝についてお話をしました。

 会場では講座の後に、地元の方々がお持ち寄りされた絵画の鑑賞会が行われました。その中には森田恒友が渡欧後に日本で描いたとされ、掛け軸に表具された日本画の作品もありました。その絵には緻密な風景の中に人物が描かれています。その人物の描き方は、恒友が影響を受けたオノレ・ドーミエを彷彿とするもので、大変興味深く感じました。

 熊谷の各地には多くの絵画作品が所蔵されており、その中にある絵画の美と輝きに対する再認識を深めていくことも大切であるように思います。社寺の絵馬や地域の画家が残した絵画に目を向けて、郷土の良さに触れることも良いのではないでしょうか。



nice!(0)  コメント(0) 

重要文化財「絹本著色阿弥陀聖衆来迎図」の銘文 [絵画史]

amidashojyu1ss.jpg
重要文化財「絹本著色阿弥陀聖衆来迎図」


 平成25年6月19日に国の重要文化財に指定された、「絹本著色阿弥陀聖衆来迎図」(常光院所有)は、浄土図と来迎図を組み合わせた特殊な構成を示す作品であります。来迎図とは平安中期以降、浄土信仰に基づいて盛んになった仏画の一種であり、阿弥陀仏が諸菩薩などを従えて、衆生(しゅじょう)を極楽浄土に迎えるために人間世界に下降する様子を描いたものです。 本図では両面上部から浄土図を描き、正面向きの阿弥陀如来と聖衆の来迎を表し、最下段には宝地段が描かれ、その左右に中条常光夫妻と伝えられる男女の姿が描かれています。鎌倉時代後期の特殊な形式の浄土教絵画として貴重であると評価され、国の文化財に指定されました。現在、本図は埼玉県立歴史と民俗の博物館において保管されています。

 なお、文化庁調査官(現在は神戸大学人文学研究科)の 増記隆介氏らによる調査によって、来迎図の表装の周囲から一文字回しの銘文が発見されました。それらは『安養抄(あんようしょう)』(作者不詳)及び了恵『黒谷上人語灯録(くろだにしょうにんごとうろく)』(文永11年~12年 1274-75)より撰文されたと見られています。これが本絵図の製作時期の上限を示すものと考えられ、伝承とも近い、13世紀後半の作図である点が裏付けられたことになりました。またこれらの撰文は、中条氏館跡に建立された常光院の天台宗とも関わりが深い内容であり、一枚の仏画が美術史の領域の価値を有するとともに、時代を超えて当時の建立の歴史を今に伝える意味を持っています。




nice!(0)  コメント(0) 
絵画史 ブログトップ