So-net無料ブログ作成

熊谷市名勝「星溪園」にて「星溪園夕涼み会」が開催されます。 [記念物]


熊谷市名勝「星溪園」にて「第12回浴衣で大集合!星溪園夕涼み会」が開催されます。

4104.jpg



開催概要
第12回浴衣で大集合!星溪園夕涼み会
 名勝・星溪園で夕涼み。お茶と和菓子を賞味し、和の演目を鑑賞しませんか?


とき 8月17日(土)14時30分~20時(抹茶は18時まで)
ところ 星溪園
    所在地:熊谷市鎌倉町32番地
    JR熊谷駅からは徒歩約18分です。
    秩父鉄道上熊谷駅からは徒歩約3分です。
    (駐車場は市営本町駐車場などをご利用ください。)

予定舞台演目 日本舞踊、三味線、長唄等

費用 入場無料
 (抹茶を楽しむことができます。有料)


問合せ 熊谷まちなかモール委員会
      048-501-8855


nice!(0)  コメント(0) 

東別府神社・埼玉県指定史跡「別府城跡」の樹木保全状況の確認 [記念物]


6CE2C4CD-0CC2-4542-904E-5FBDEFE1AA42.jpeg

8月5日、熊谷市東別府の東別府神社にある埼玉県指定史跡「別府城跡」。この地に残る土塁と堀の周辺にある樹木の保全状況確認を実施しました。昨年は複数の台風により倒木があったことから、今回は専門業者と神社関係者とともに樹木の健全性を調べ、今後の備えについてや樹木の管理について検討しました。この別府城跡の土塁と堀の高低差は最大5メートル以上の箇所もあり、登り下りがロッククライミングに近いように感じました。当日は気温35度を超える暑さの中、熱中症に注意しながらの作業となりました。今後、必要に応じて杉や桜をはじめ樹木の伐採や下枝剪定を行うことになりました。








nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市国際交流協会主催・日本文化体験イベント in 星溪園 [記念物]

CB65C79C-5D52-435C-B60A-C850594ED890.jpeg
立礼席でのお茶会体験


7月28日、熊谷市名勝の星溪園で熊谷市国際交流協会主催の日本文化体験イベントが開催されました。外国人は着付け教室やお茶会体験などを楽しみました。イベントの翌日には、熊谷も梅雨が明け、本格的な夏が到来しています。




nice!(0)  コメント(0) 

令和元年度「星溪園熊谷うちわ祭茶会」 [記念物]


0EE7A5D3-D21A-4FD6-A2D9-9B02E08B57C9.jpeg

FE5E39B8-84AA-46C2-9F56-CDE75895E608.jpeg

 7月21日、熊谷市名勝「星溪園」の立礼席において毎年恒例の熊谷うちわ祭茶会が開催されました。席主は江戸千家の鎌塚宗千先生が担当され、夏の醍醐味でもある「氷点(こおりだて)」と呼ばれる冷たいお抹茶とお菓子を味わうことができました。梅雨明け前の小雨降る一日でしたが、お越しになった方から順に一席20分ほどのお茶席で、約100名の参加がありました。今回はジョージア大使館やアメリカ軍横田基地からの外国人のご来場もあり、茶道文化を体験される貴重な機会になったようでした。会場近くではうちわ祭の山車・屋台が巡行し、熊谷祇園囃子を耳にしながらのお茶会になりました。






nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「星溪園」入口案内標示のリニューアル [記念物]

FCF22E88-8530-4F1B-B4F0-D0379F09F6BE.jpeg
新たな案内標示

636FC898-C596-4119-89BA-274682823F59.jpeg
旧来の案内標示

熊谷市名勝「星溪園」の正門にある入口の標示板を新しくリニューアルしました。平成4年の園内の改修時に設置された案内標示が古くなり、この度、おもてなしの想いを込めつつ、表現も変えた上で新たなものとなりました。ご来場の際はご確認ください。



nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「星溪園」西側のブロック塀修繕工事 [記念物]

34BA9CEC-B05F-4A1C-B68A-35B97442BE02.jpeg

 現在、熊谷市名勝「星溪園」の西側市道沿いのブロック塀の修繕工事を行っています。昨年、大阪での大地震により、大阪府高槻市の小学校のブロック塀が倒壊し登校中の女児が亡くなった事故を機に、各都道府県などで緊急点検が実施されました。その点検結果に基づき新年度予算の事業として今回の工事が施工されています。内容としては塀の高さを当初より下げ、経年により毀損した部分を修繕するものです。今後も定期的にブロック塀の状況等を確認しながら、星溪園の利用者、隣接する市道の通行者の安全確保に務めていく所存です。


nice!(1)  コメント(0) 

星溪園の躙口 [記念物]

75A48583-4DCD-405D-9894-F55EA831F8C5.jpeg

熊谷市名勝「星溪園」の星溪寮南端には小間と呼ばれる茶室があります。この茶室は庭園側から中に入る「躙口」と呼ばれる入口があります。 躙口は、茶室における客の出入口として、座しながら手をにじるようにして出入りするところから称されています。古くは「くぐり」とも呼んだそうです。千利休が茶室の様式を確立して以降、全ての客の出入りに用いるようになりました。通常は、高さ二尺二寸(約66センチメートル)、幅二尺一寸(約63センチメートル)を規準としています。星溪園を訪れた時はご確認ください。




nice!(0)  コメント(0) 

報告 長島記念館フォーラム [記念物]


C65106C7-7F7B-4891-8EE4-5FFC15417E2D.jpeg
調査報告「長島記念館の景観と文化史」

F7DDC730-E538-4C77-82F1-BDF92A1CA6CC.jpeg
対談「長島恭助と長島家邸宅」

E981FEE5-384E-4FB8-953C-AFDD3667BB8F.jpeg
後藤典子さんによるJ・S・バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」(ヴィオラ版)の演奏


 2019年5月18日、新たに熊谷市の名勝に指定された「長島記念館・邸宅」をテーマとしたフォーラムが開催されました。会場には長島記念館を管理所有する公益財団法人長島記念財団の代表理事である長島栄子さんをはじめ、約60名の参加がありました。フォーラムでは調査報告「長島記念館の景観と文化史」をはじめ、長島記念財団の田沼利将さんを交えた対談、ビオラ奏者の後藤典子さんによるJ・S・バッハ「無伴奏チェロ組曲第1番」(ヴィオラ版)の演奏がありました。建造物や庭園の概要について報告するとともに、本市の名勝文化財を発信できる良い機会となりました。引き続き調査を進め、長島記念館の文化財的価値について再認識を深めていきたいと考えています。







nice!(1)  コメント(0) 

名勝「長島記念館・邸宅」と渋沢栄一「青淵」直筆書 [記念物]


F7506485-F23A-4E06-8392-321118CCEC83.jpeg

長島記念館の主屋には、渋沢栄一直筆の額「福養以分安」が掲示されています。筆名の青淵が記され、「分を按じもって福を養う」と読むことができます。これは禅語からの引用と考えられます。長島記念館には、この額を含めて3点の渋沢栄一直筆の書を有しています。お立ち寄りの際は是非ご覧ください。


nice!(0)  コメント(0) 

研究会「ムサシトミヨの保護と天然記念物の保存」 [記念物]



3月に熊谷市立ムサシトミヨ保護センターで開催したムサシトミヨ研究会について、江南文化財センターのYouTubeサイトに掲載しましたので、どうぞご参照ください。

研究会「ムサシトミヨの保護と天然記念物の保存―元荒川ムサシトミヨ生息地における保護事業と研究史をめぐって―」

講演
「確定しないムサシトミヨの学名をめぐる検討」
埼玉県環境科学国際センター自然環境担当 金澤 光

「元荒川ムサシトミヨ生息地における天然記念物の保存と課題」
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹

対談 
「ムサシトミヨ保護の将来に向けて」 
金澤 光×山下祐樹


参考:埼玉新聞での掲載記事
image.jpg









nice!(0)  コメント(0)