So-net無料ブログ作成

明治の好古家 根岸武香コレクション資料―『上中条出土の人物埴輪』―展示延長。 [展示]

L1680903_r.jpg
写真 「3体の人物埴輪」左右は根岸家の所蔵、中央 新発見・再確認の「巫女」埴輪 市内個人所蔵

 新年度と展示期間の満了を迎え、本展示の改編を準備していたところ、今回の展示を観覧された方より、上中条埴輪の所在情報がもたらされました。早速「巫女」と推定される人物埴輪を実見したところ、顔の輪郭、杏仁形の目、瞼や耳の表現、使われた土や含まれている砂、焼き上がりなど正に上中条の人物埴輪の作風が共通しています。
 来歴に不詳の部分は残りますが、明治初年に上中条出土埴輪として発見され、地元に保存されてきた埴輪であるとほぼ確定できると思います。今回の展示がきっかけとなって離れ離れになった埴輪がおよそ150年ぶりに再会したとも言えるでしょうか。
 根岸家及びもう一人の所有者(梅澤輝雄氏)のご理解を得て3体の上中条の人物埴輪をあらためて展示いたします。この機会に再度ご覧ください。

   展示場所 江南文化財センター
   展示期間 平成31年4月16日(火)~平成31年6月28日(金)
   開館日時 平日、平時(9:00~17:00)
   休 館 (土・日・祝日・年末年始期間、特別休館日)
   ※展示パンフレット(改定版)はこちらから閲覧できます。

L1680993_r2.jpg
新発見・再確認の「巫女」埴輪 市内個人所蔵

nice!(0)  コメント(0) 

国指定史跡「幡羅官衙遺跡群」展について [展示]

 本日、平成31年4月9日(火曜)から、幡羅官衙遺跡群の展示を市内の中央公民館で開催しております。今回の展示は、中央公民館の展示ホールを全て貸しきって行うもので、かなりの見ごたえある内容となっております。
 幡羅官衙遺跡群の現在の風景と、当時の再現イラストを作成し、過去と現在の対比が可能なパネルで紹介したり、ケースごとに遺跡群の4遺跡(西別府祭祀遺跡、西別府廃寺、西別府遺跡、幡羅官衙遺跡)を分けて展示しています。また今回は遺物だけではなく、写真等を多く使用した展示となっております。

RIMG0494_R.JPG 

RIMG0499_R.JPG

 お近くへ起こしの際は、ぜひ足をお運びいただければ幸いです。

場所 熊谷市立中央公民館 展示ホール(熊谷市仲町19)
会期 平成31年4月9日(火曜)から25日(木曜)まで
時間 8時30分から22時00分まで(土日も開館)
展示に関するお問い合わせは江南文化財センターまで(048-536-5062)

nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市立熊谷図書館 企画展 「追悼・金子兜太 ~現代俳句の牽引者~」 [展示]


image.jpg

熊谷市立熊谷図書館3階 美術展示室にて、平成31年度企画展『追悼・金子兜太 ~現代俳句の牽引者~』が開催されています。

開催概要
会期:2019年4月2日(火曜)から5月19日(日曜)
〔休館日:毎週月曜日(祝日は開館)、4月5日、5月7日、5月10日〕
会場:熊谷市立熊谷図書館3階 美術展示室
時間:午前9時から午後5時 
入場無料

特別企画
5/18には、13:30〜
俳人 黒田杏子氏による記念講演会
こちらは、450人の抽選になりますので、
往復はがきにて、御応募ください。
(4/12(日)必着)
(参加費 無料)

問合せ
《熊谷市立熊谷図書館 美術 郷土係》
〒360-0036
熊谷市桜木町2-33-2
電話 048-525-9463


nice!(1)  コメント(0) 

第61回 東方書展 [展示]


image.jpg


 第61回東方書展が東京都美術館で開催されています。熊谷市美術家協会会員の高橋香韻さんからご案内を頂きました。なお、高橋さんは今回の展覧会の自由部(第四部)で受賞(推薦)を果たしました。宮沢賢治「どんぐりと山猫」より山猫から届いた手紙を作品として書かれたそうです。お祝い申し上げます。どうぞ、ご鑑賞ください。


開催概要
第61回東方書展
開催日時 平成31年3月25日(月)~31日(日)
     午前9時30分~午後5時30分(最終日は午後3時終了)
会場   東京都美術館(上野公園内)2階第1・2・3展示室
関連イベント 3月30日(土)午前11時~ 東方「11人の書」ギャラリートーク
主催 東方書道院
問合せ 事務局 080-9173-1040
    (美術館内 03-3823-6921)


東方書道会の概要
 昭和7年に書壇を刷新せんと結成された東方書道會は、アカデミズムを標榜して、戦前書壇に大きな足跡を遺しました。その理念を継承すべく、昭和32年に旧東方系を中心に大小20余の書道団体が大同団結して現在の東方書道院が結成されました。以降、純粋に書道人だけの手によって運営、開催してきたのが「東方書展」です。現在も、漢字・かなの20余団体は、それぞれ毎日・読売・産経の書道会に属して活躍しつつも、年に一回一堂に会して「東方書展」を開催、それぞれの書体・形式・書風を披瀝し、互いに切磋琢磨しています。(同会員サイトより)


nice!(0)  コメント(0) 

新潟市會津八一記念館 企画展「ハチ一を知る 八一がわかる ―そのマルチな業績と人生―」 [展示]

本年3月2日、熊谷のコミュニティスペース「二十二夜」で歌人で美術史家の会津八一が揮毫した書画の展示会と講演会を開催しました。イベントのテーマとなった会津八一の出身地である新潟の新潟市會津八一記念館において、企画展「ハチ一を知る 八一がわかる ―そのマルチな業績と人生―」が開催されていますので、ご案内いたします。


6c6f15dc8bdf1ed6969889615685ece3.jpg



開催概要
会期
2018年 12月20日(木)~ 2019年 3月24日(日)

開館時間
午前10時~午後6時(午後5時30分まで受付)

休館日
月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月28日~1月3日(冬季休館)、3月22日

観覧料金
一般 500円、大学生 300円、
高校生 200円、小・中学生 100円
※団体20名以上2割引、土日祝日は小・中学生無料

主催
新潟市會津八一記念館
(〒950-0088 新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ5階)

共催
新潟日報社

協力企業
【後援】
BSN新潟放送
【協力企業】
淺川園、今成漬物店、大阪屋、里仙、高橋酒造

詳細
【関連イベント】
文芸講演会
演題:「會津八一と良寛の書、どちらが好きですか?」
写真コンテスト入賞入選表彰式・公開講評会
演題:第12回 秋艸道人賞 「會津八一の歌を映す」


問合せ
電話:025-282-7612


展示概要(同ホームページより)

そのマルチな業績と人生
 會津八一は、1881(明治14)年、8月1日に新潟市古町通5番町(今の中央区古町通)で生まれました。ペンネームは秋艸道人、渾齋、八朔郎です。

 10代のころから俳句を詠む文学青年で、良寛(1758~1831、江戸時代の越後の僧)の書や歌、万葉集にも親しみました。早稲田大学を出て、歌人、書家、東洋美術史の研究者、そして教育者として立派な仕事をしました。展覧会では、〈書〉〈歌〉〈東洋美術〉〈教育〉の分野に分けて八一の書画作品や資料を展示し、八一のマルチな業績と生涯をわかりやすく紹介します。

 さらに、〈料亭「會津屋」の次男〉〈サウスポー・八一〉〈乗馬と八一〉〈初恋の人・ふみ子〉といったエピソードを示す写真や資料で、知られざる八一の素顔の一面を描き出します。

 また、今年は、八一も尊敬していた良寛が生まれて260年。若いころ新潟市内で目にしていたという良寛の文字による商店(飴屋)の看板や、良寛をテーマにした八一の書も展示し、八一がつねに良寛の芸術を身近なものとしていたこともあわせて紹介します。

 同時に第12回會津八一の歌を映す写真コンテスト入賞入選作品展も開催します。写真を通じて八一のうたごころを感じることが出来る良い機会となるでしょう。


詳細は新潟市 會津八一記念館サイトをご覧ください。
http://aizuyaichi.or.jp/exhibition/2001/







nice!(0)  コメント(0) 

群馬県立土屋文明記念文学館 企画展「文学者の書―筆に込められた思い」 [展示]


2019012201.jpg


 群馬県立土屋文明記念文学館にて企画展「文学者の書―筆に込められた思い」が開催されていますのでご案内いたします。先日、熊谷にて会津八一の書画展示と講演会を行いましたが、本展示会においても直筆揮毫の作品を観覧できます。また、土屋文明に師事した棚澤慶治とエリザベス・ヴァイニングの講演会開催も記憶に新しいところです。こうした北武蔵地域における詩歌の交流史や影響関係にも想いを馳せたくなる展示です。会期もまもなく終了です。どうぞご参照ください。



開催概要
(同館サイト特集ページより)
日本では長い間、文字を記すのに毛筆を用いてきました。近代になり、ペンや万年筆、鉛筆等が普及すると、次第に毛筆は日常の筆記具ではなくなっていきます。印刷技術の発達も、人々の筆記への意識を変えていきました。そうした過渡期を含め、近代を生きた文学者達の書に対する思いは、たとえば生年、生育環境、文学ジャンルなどによってもさまざまでした。本展では、文学者それぞれの書への向き合い方や、周囲からの評価などとともに、各人がしたためた短歌、俳句、書簡等を紹介し、文学者の書の魅力に多面的に迫ります。また、一般財団法人子規庵保存会の協力により、『子規随筆』(弘文館、明治35年)で公表されたのちに所在不明となり、115年の時を経て発見された正岡子規書簡を、今回、特別に展示いたします。


会期:2019年1月12日(土)~3月17日(日)
休館日:火曜日
開館時間:9:30~17:00(観覧受付は16:30まで)
観覧料:一般410円(320円) 大高生200円(160円)
( )内は20名以上の団体割引料金
中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
後援:朝日新聞社前橋総局 毎日新聞前橋支局 読売新聞前橋支局 東京新聞前橋支局 産経新聞前橋支局 上毛新聞社 桐生タイムス社 朝日ぐんま NHK前橋放送局 群馬テレビ FM GUNMA ラジオ高崎 まえばしCITYエフエム いせさきFM FM OZE

特設ページ
http://bungaku.pref.gunma.jp/events/1489

<所在地・問合せ>
群馬県立土屋文明記念文学館
〒370-3533 群馬県高崎市保渡田町2000番地
Tel:027-373-7721(代表)/Fax:027-373-7725




nice!(0)  コメント(0) 

江南墨水会作品展 [展示]


image.jpg

第39回江南墨水会作品展が、熊谷市千代の熊谷市立江南総合文化会館「ピピア」のロビーギャラリーにて、3月10日までの日程で開催されています。江南墨水会は、旧江南町の公民館活動として水墨画愛好者により結成され、絵の創作と展示、研究を進めています。会員14名による、約40点の作品が展示されています。風景や草花をモチーフしたものや、七福神や河童、空想的な内容など多様な水墨画を楽しむことができます。どうぞ観覧ください。





nice!(0)  コメント(0) 

埼玉県立熊谷図書館 資料展「Meet The World Music. ― 世界音楽旅行 ―」 [展示]


meet-the-world-music.png


埼玉県立熊谷図書館において資料展「Meet The World Music. ― 世界音楽旅行 ―」が開催されています。


開催概要
平成31年1月8日(火曜日)~2月21日(木曜日)
(図書館休館日を除く)

開催場所
埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー



展示内容(同図書館ホームページより)
2019年「ラグビーワールドカップ」、2020年「東京オリンピック」、2025年「大阪万博」と国際的なイベントが日本で立て続けに行われます。外国の方の観光も増え、より世界の国々を意識する数年間になるのではないでしょうか。

今回の展示では民族音楽やクラシック、洋楽など世界中の音楽を幅広く集めてみました。世界の音楽の多様さを感じ、世界を知る「世界音楽旅行」に出かけてみませんか。皆様のご来場をお待ちしています。


詳細は同サイトをご参照ください。
https://www.lib.pref.saitama.jp/event/exhibit/exhibit/meet-the-world-music.html


nice!(0)  コメント(0) 

第66回朝聞書展 高橋香韻「倫敦塔」 [展示]

image.jpg


image.jpg
高橋香韻「倫敦塔」

 2019年2月3日まで東京上野の東京都美術館において「第66回朝聞書展」が開催されています。本展は朝聞書会が主催する書の展覧会で、熊谷市美術家協会の高橋香韻さんが特別賞を受賞し、審査会員に推挙されるとの朗報が届きました。どうぞ、ご参観ください。

 高橋さんは夏目漱石の『倫敦塔』を主題として、躍動感と静寂さを併せ持つ作品を書き上げました。『倫敦塔』は、夏目漱石の短編小説で、1905年(明治38年)、『帝国文学』に発表。 留学時に見学した倫敦塔への体感を描いたものです。高橋さんは源氏物語研究で博士の学位を得ており、古代文学の研究者としても知られています。



開催概要
第66回朝聞書展
日時:平成31年1月28日(月)~2月3日(日)
    午前9時30分~午後5時30分
会場:東京都美術館
主催:朝聞書会 後援;毎日新聞社



朝聞書会(ちょうぶんしょかい)(当会ホームページより)
https://sites.google.com/site/chobunshokai/

 「朝聞會」は松井如流により昭和3年に命名、設立された。会名は「論語」の里仁篇の「子日く、朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり」とあるに依る。昭和18年に第1回朝聞書會展を開催し、昭和29年から昭和31年は東京都美術館で開催した。昭和32年に東方書道院が再興するに至り、東京都美術館の会場を朝聞書曾展から東方書道展へ譲り渡した。そのため朝聞書會は一時休会となり、松井門下生たちは東方書道展に参加した。だが、東方書道展は大作主義を標榜したことなどから、門下生らの要望に応じ、松井如流は「時代に即応した力強き新風を書道会に送りたい」との念願のもと、朝聞書會が長年堅持してきたところの「清新なる書風確立」の精神をさらに発展せしめると宣言し、東京書道会を新たに発足させた。また、朝聞書曹は9年間の空白を経て、昭和40年に再開した。長らく東京書道会展と朝聞書會展の両展は並走する形で開催されていたが、平成25年に朝聞書會と東京書道会を統合し、新たに「朝聞書会」と改称した。平成26年1月に第61回朝聞書展を開催した。伝統を根底にして親代性を意識した書を目指している。

     


nice!(1)  コメント(0) 

『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち :国際子ども図書館 [展示]

2018-03banner.jpg

東京上野の国際子ども図書館では、2019年1月20日(日)まで、展示会「『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち」を開催しています。「蜘蛛の糸」などの広く読まれている童話や、「かなりや」のように今も歌い継がれる童謡を数多く世に送り出した児童向け雑誌『赤い鳥』が1918(大正7)年に創刊されて、2018年で100年を迎えました。

 『赤い鳥』は、1918年7月~36年 10月の期間に発行し通巻 196冊を数える人気の児童文芸雑誌として知られています。主宰は鈴木三重吉が担い、芸術性豊かな童話、童謡の創造を目指して発刊されました。森鴎外、島崎藤村、芥川龍之介らの支持を受けています。芥川の『蜘蛛の糸』『杜子春』、有島武郎の『一房の葡萄』、宇野浩二の『蕗の下の神様』などの創作発表の場となりました。また、北原白秋、西条八十の童謡などが掲載されました。また坪田譲治、新美南吉、与田準一らの童話・童謡作家を育て、日本の児童文学の発展に多くの貢献をしたことが評価されています。


開催概要
『赤い鳥』創刊100年―誌面を彩った作品と作家たち

開催日
前期:開催終了
後期:2018年11月13日(火)~2019年1月20日(日)

会期中の休館日
月曜日、国民の祝日・休日、年末年始及び毎月第3水曜日(資料整理休館日)

開催時間
午前9時30分~午後5時

会場
国際子ども図書館 レンガ棟3階 本のミュージアム
入場無料

公式ページ
http://www.kodomo.go.jp/event/exhibition/tenji2018-03.html



nice!(0)  コメント(0)