So-net無料ブログ作成
お知らせ ブログトップ
前の10件 | -

『一粒の麦 荻野吟子の生涯』上映会 《あいち国際女性映画祭2019にて上映決定!》 [お知らせ]


d47231-4-452990-1.jpg
提供:現代ぷろだくしょん

d47231-4-211864-0.jpg
提供:現代ぷろだくしょん

image1 (3).jpeg


EBMLOWSUYAEeSjV.jpg
あいち国際女性映画祭2019にて上映決定!


日本初の女性医師・荻野吟子の生涯を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」が公開されます。

熊谷での先行上映会は次のとおりです。

9/1(日曜日) 10:30/14:00上映開始 埼玉県妻沼中央公民館


そして、あいち国際女性映画祭2019にて上映決定!
2019年9月8日(日)13:10 / ウィルホールにて『一粒の麦 荻野吟子の生涯』上映されます。



 熊谷市出身で日本の女性医師第1号となった荻野吟子の苦悩と愛、闘いの人生を描く映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』(現代ぷろだくしょん製作)が公開されます。熊谷市においても撮影が行われました。

 最高齢女性監督としても知られる山田火砂子監督は平成19年、江戸末期から昭和初期にかけて女性教育や障害児教育に尽力した石井筆子を描いた映画「筆子 その愛」を制作する際、石井と親交があった荻野の偉業にも触れ、強く興味を持って荻野吟子の映画化構想を温めていたとのことで、そして映画制作が具体化し実現することになりました。山田監督は「世の女性に対して、女性としての生き方を考えるきっかけにしてもらいたい。荻野さんの志に触れて何か感じてもらえれば」と話しています。

映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」公式ページ(現代ぷろだくしょん)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.gendaipro.jp/ginko/(外部サイト)

フライヤー「映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」
(熊谷での映画試写会の情報について掲載されています。ご覧ください。)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/ginko_hitotubunomugi.pdf(外部サイト)

熊谷デジタルミュージアム「荻野吟子 特設ページ」
(荻野吟子の生涯や映画公開情報などを発信します。)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/oginoginko.htm(外部サイト)


【「一粒の麦 荻野吟子の生涯」有料試写会のお知らせ!】
・8/29(木曜日) 18:15上映開始 ユナイテッドシネマ浦和
・8/31(土曜日) 10:30/14:00上映開始 千葉県八千代市民会館
・9/1(日曜日) 10:30/14:00上映開始 埼玉県妻沼中央公民館
・9/1(日曜日) 18:00上映開始 群馬県千代田町 町民プラザ
・9/7(土曜日) 14:00上映開始 中野ゼロ小ホール*
・9/21(土曜日) 10:30/14:00/18:00上映開始 本庄市民文化会館
・9/28(土曜日) 10:30/14:00上映開始 千葉県教育会館新館大ホール
*9/7の中野ゼロは出演者の舞台挨拶を予定しています。
(制作協力券のみ入場可、当日券の販売はございません。)

詳細は現代ぷろだくしょん(tel:03-5332-3991)もしくは当フェイスブックまでお問合せください。


【「一粒の麦 荻野吟子の生涯」ロードショーのお知らせ!】
・10/26(土曜日) よりケイズシネマ新宿(1日3回3週間の上映が決定しています)
・10/26(土曜日) より熊谷シネティアラ21
・11/2(土曜日) より名古屋シネマスコーレ
・11/30(土曜日) より横浜シネマリン
・12/6(金曜日) より札幌シネマフロンティア
※時期調整中 ユナイテッドシネマ浦和・深谷シネマ
※大阪は時期と会場を調整中です!

詳細は、各映画館に直接お問合せください。 


【チケット発売のお知らせ】
明日(7/17)よりチケットぴあにて「一粒の麦 荻野吟子の生涯」全館共通チケットが発売されます!
Pコードは467-828です。

購入方法は次の方法となります。
・セブンイレブン・ファミリーマート
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://t.pia.jp/guide/retail.jsp(外部サイト)

・電話で購入する
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。http://t.pia.jp/guide/orderbyphone.jsp(外部サイト)





nice!(0)  コメント(0) 

映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』完成直前イベント報告 [お知らせ]

A15CD6F4-F74A-4076-972A-E12600CDF84A.jpeg

 医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニックのフェスティバル「さめフェス」での企画として、熊谷出身で日本初の公認女性医師となった荻野吟子の生涯を描いた映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』完成直前イベントが開催されました。映画予告編とメイキング映像の放映、山田火砂子監督と現代ぷろだくしょん 上野有プロデューサー、熊谷市立江南文化財センター山下祐樹主任(映画監修、エキストラ出演)による対談などが行われ、約50名が参加しました。映画制作も最終段階にあるとのことです。
 9月1日(日)、妻沼中央公民館で先行上演会が開催されます。午前10時30分~、午後2時~の時間です。詳細は現代ぷろだくしょん(電話03-5332-3991)までお問合せください。









nice!(1)  コメント(0) 

映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』完成直前イベント in 「さめじまボンディングクリニック」 [お知らせ]

2D0A1781-712C-400B-A641-64FD84E27434.jpeg


 医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニックのフェスティバル「さめフェス」での企画として、熊谷出身で日本初の公認女性医師となった荻野吟子の生涯を描いた映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』完成直前イベントを開催します。入場無料です。


開催概要(同クリニックホームページより)
日時:8/4(日) 10:00~12:00
会場:さめじまボンディングクリニック
(埼玉県熊谷市太井1681)
B棟セミナールーム
概要
『一粒の麦』荻野吟子の生涯 完成直前イベント
映画予告編上映、メイキング映像や山田火砂子監督による話、対談など盛りだくさんの2時間です!映画の完成直前、公開前の最後の仕上げをしている最中を抜け出して、お忙しい監督自らこの映画についてのお話しをしてくださいます。

対談者 :映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』  山田火砂子 監督
         現代ぷろだくしょん     上野有 プロデューサー
         熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹 主任(映画監修、エキストラ出演)

―――――――

さめフェス概要
体験セミナー・講演会・映画上映や、小さなお子さまにはヨーヨー釣りやフォトスポットなどもご用意。どなたでも参加できるイベントです。セミナー・講演会(お土産付)などは、無料でご参加いただけます。当日は通常通り診察を行いますので、診察予定の方もご参加いただけます!11:30~13:30 特製さめボンカレー(無料)を先着200食ご用意しております。
(イベントの詳細は、さめじまボンディングクリニックホームページをご参照ください)

主催:医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック
〒360-0025 埼玉県熊谷市太井1681
アクセス:熊谷駅南口よりお車で15分・行田駅西口より徒歩で10分・行田駅西口より車で4分
(無料シャトルバスを運行)

お問い合せ
TEL:048-526-1103
FAX:048-526-1102 
Mail:iiosan2@beige.ocn.ne.jp






nice!(0)  コメント(0) 

動画「荻野吟子の生涯」と映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」の公開 [お知らせ]



熊谷市立荻野吟子記念館で放映されている動画「荻野吟子の生涯」を江南文化財センターのYouTubeサイトにアップしました。荻野吟子の生涯や人生の歩みを知る一助としてご視聴ください。

なお、日本初の女性医師・荻野吟子の生涯を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」が公開されます。熊谷においても9月1日に先行放映会を開催します。詳細は次の放映概要をご参照ください。



放映概要

映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」公式ページ(現代ぷろだくしょん)
http://www.gendaipro.jp/ginko/(外部サイト)

フライヤー「映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」
(熊谷での映画試写会の情報について掲載されています。ご覧ください。)
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/ginko_hitotubunomugi.pdf(外部サイト)

熊谷デジタルミュージアム「荻野吟子 特設ページ」
(荻野吟子の生涯や映画公開情報などを発信します。)
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/oginoginko.htm(外部サイト)


【「一粒の麦 荻野吟子の生涯」有料試写会のお知らせ!】
・8/29(木曜日) 18:15上映開始 ユナイテッドシネマ浦和
・8/31(土曜日) 10:30/14:00上映開始 千葉県八千代市民会館
・9/1(日曜日) 10:30/14:00上映開始 埼玉県妻沼中央公民館
・9/1(日曜日) 18:00上映開始 群馬県千代田町 町民プラザ
・9/7(土曜日) 14:00上映開始 中野ゼロ小ホール*
・9/21(土曜日) 10:30/14:00/18:00上映開始 本庄市民文化会館
・9/28(土曜日) 10:30/14:00上映開始 千葉県教育会館新館大ホール
*9/7の中野ゼロは出演者の舞台挨拶を予定しています。
(制作協力券のみ入場可、当日券の販売はございません。)

詳細は現代ぷろだくしょん(tel:03-5332-3991)もしくは当フェイスブックまでお問合せください。


【「一粒の麦 荻野吟子の生涯」ロードショーのお知らせ!】
・10/26(土曜日) よりケイズシネマ新宿(1日3回3週間の上映が決定しています)
・10/26(土曜日) より熊谷シネティアラ21
・11/2(土曜日) より名古屋シネマスコーレ
・11/30(土曜日) より横浜シネマリン
・12/6(金曜日) より札幌シネマフロンティア
※時期調整中 ユナイテッドシネマ浦和・深谷シネマ
※大阪は時期と会場を調整中です!

詳細は、各映画館に直接お問合せください。 


【チケット発売のお知らせ】
明日(7/17)よりチケットぴあにて「一粒の麦 荻野吟子の生涯」全館共通チケットが発売されます!
Pコードは467-828です。

購入方法は次の方法となります。
・セブンイレブン・ファミリーマート
http://t.pia.jp/guide/retail.jsp(外部サイト)

・電話で購入する
http://t.pia.jp/guide/orderbyphone.jsp(外部サイト)



nice!(0)  コメント(0) 

『縄文ZINE』10 配布 [お知らせ]

お待たせいたしました!!
『縄文ZINE』10が到着しました。
本日から、配布しています。
 内容は、特集として、「わけのわからないものばかりの縄文時代で、とびきりわけのわからないもの。」の他、「遺跡はみんなキラキラネーム」、インタビュー「都会の縄文人、築山可奈」などなど。
 インタビューは、歴史を少しでも知っている方なら、笑えることうけあい!掛け合いが絶妙!!
 
 是非、お手に取ってご覧ください。
江南文化財センターでは10部ほどしかないので、お早めに。
 熊谷市立江南文化財センター
 熊谷市千代329番地
 電話 048-536-5062
0C144D0E-DCB2-4C9E-A8DD-6B6C19A179AA.jpeg





nice!(1)  コメント(0) 

情報誌「NAOZANE」4月号の連載「わたしのまちのキラッとさん」で江南文化財センター所長が紹介されています。 [お知らせ]


image.jpg
情報誌「NAOZANE」4月号「わたしのまちのキラッとさん」

フリーペーパーの情報誌「NAOZANE」4月号の連載「わたしのまちのキラッとさん」で熊谷市立江南文化財センターの吉野健所長が紹介されています。歴史への興味、考古学との出会い、現在の熊谷市における文化財保護について、担当者としての長年の悲願であった「幡羅官衙遺跡群」の国史跡指定など、熱い想いが語られています。記事は熊谷市のマスコットキャラクター「ニャオざね」の作者であることなさんが執筆しました。市内各所で無料配布されています。どうぞご参照ください。


nice!(1)  コメント(0) 

新たな熊谷市文化財の指定について [お知らせ]

 2019年3月20日に開催された熊谷市文化財保護審議会において、「熊谷型紙『岸家』関連資料」、「長島記念館・邸宅」、「藍染絵馬・奉納額」の3件について熊谷市の文化財に指定するにふさわしいとの答申が出されました。これに基づき同3月29日の熊谷市教育委員会において審議をしたところ、ともに承認され、同日付で熊谷市の文化財に指定されました。文化財指定された3件の詳細については次の概要をご参照ください。


概要:文化財の指定について
(文化財保護審議会からの答申内容)

⑴ 熊谷型紙「岸家」関連資料
  ア 種別・種類 有形民俗文化財 
  イ 数量    関連資料一括(型紙13,083枚、型紙図案3,698枚、スクリーン型紙約100枚ほか)
  ウ 所在地   熊谷市桜木町二丁目33番地2 熊谷市立熊谷図書館
  エ 所有者   熊谷市(熊谷市教育委員会・熊谷市立熊谷図書館)
オ 概要と評価
 熊谷染型紙及び図案を中心とした岸家の関連資料(熊谷型紙「岸家」関連資料)は、熊谷染における小紋を中心とした染技法の原型であると同時に、熊谷地域の産業として隆盛し、美術工芸品としても高い評価を受けている熊谷染の文化的・芸術的意義を示す貴重な資料群である。また、岸家特許のスクリーン型紙にもその意匠は生かされつつ、最新の技術利用が示されている。
 こうした岸家熊谷染型紙関連資料に含まれるデザインや技巧性は、国内でも屈指の粋を誇り、染物として昇華されるまでの生産工程を明らかにするとともに、熊谷における伝統工芸の歴史を、今に伝える重要な価値を有している。また、その他の現存する熊谷染関連の資料群に対する調査研究に向けての知見を与えてくれる基礎資料となることは明らかである。よって、有形民俗文化財として、文化財指定に値する。

型紙図
図1.jpg



⑵ 長島記念館・邸宅
  ア 種別・種類 記念物・名勝 
  イ 所在地   熊谷市小八林1022番地
  ウ 所有者   公益財団法人長島記念財団
  エ 概要と評価    
 長島記念館・邸宅は、長島恭助の生家であるとともに、長島家の歴代当主が建造物の建立や作庭に関わってきた歴史を今に伝えるもので、建造物調査などによって、関東一円から集めた多くの職人集団の存在も明らかになってきている。また、使用された資材についても、高品質を求めて手配した形跡が棟木や関連記録などからも見受けられる。長島恭助の没後は、長島家が収集した美術品の公開施設の意味を付した記念館として今に至っている。
 収蔵されている美術品は、国内屈指の価値を誇るコレクション内容であり、邸宅全体の雰囲気と調和し、歴史の中で育まれてきた文化発信拠点としての特色を有している。よって、建造物と庭園の美と粋、そして美術品の展示施設の存在が融合された景観美は評価できるものであり、郷土への文化愛護に着手した経過を知るための歴史的資料としての意義を含んでいる。こうした観点から、記念物・名勝として文化財指定に値する。

図2.jpg



⑶ 藍染絵馬・奉納額
  ア 種別・種類 有形民俗文化財
  イ 数量    計5点
  ウ 所在地   熊谷市下川上33番地「愛染堂」
  エ 所有者   宗教法人宝乗院愛染堂
  オ 概要と評価
 奉納額には、「共進(きょうしん)成業(せいぎょう)唯賴(ゆいらい)冥護(みょうご)」と示されている。大きさは、横133㎝、縦79㎝、奥行5㎝である。これは、明治21年3月8日、藍染業を中心とした業界団体から愛染堂に奉納された額であり、揮毫者として「富岡製糸場」初代場長で渋沢栄一の義兄にあたる尾高惇忠の号(筆名)である「尾高藍香」の名が確認できる。額の願主には、養蚕や藍玉の一大生産地だった現在の深谷市域の地名が見えることから、商売繁盛や業界繁栄の祈願を行っていたことが分かる。その中には、渋沢栄一の義弟の市郎や、栄一の伯父で養蚕の改良に力を尽くした宗助の名前を見ることができ、尾高・渋沢両家の人々が、市域を越えて交流があったことを明らかにする歴史的資料であるといえ、有形民俗文化財として文化財指定に値する。
 なお、「藍染め絵馬四枚 附(つけたり) 奉納額」については、既に昭和61年1月1日に熊谷市指定民俗資料(現、有形民俗文化財)に指定されている。今回改めて藍染及び絹産業遺産に関連した分類の中で、文化財の概要を明確化するために、従来の「藍染絵馬」4枚の指定物件に加えて、「尾高藍香(尾高惇忠)」筆の奉納額を併せて指定することを念頭にする附としての位置づけではなく、「藍染絵馬・奉納額」として名称変更して指定することが適当である。

図3.jpg






nice!(0)  コメント(0) 

西別府地内(幡羅官衙遺跡群地内)での開発行為における取り扱いについて [お知らせ]

 平成30年2月13日付けで本市、深谷市に所在する「幡羅官衙遺跡群(西別府祭祀遺跡、幡羅官衙遺跡)」が国の史跡に指定されました。

image01.jpg
幡羅官衙遺跡群(西別府祭祀遺跡ほか関連遺跡群)

image02.jpg
幡羅官衙遺跡群(西別府祭祀遺跡ほか関連遺跡群) 空中写真

 これに基づき、指定範囲及び今後保護を要する範囲が定められ、その範囲内における取り扱いについては次のとおり御理解、御協力をいただくこととなります。

 以下の地図内の赤枠が指定範囲、黄枠が今後保護を要する範囲となります。

 また、黒枠は各々の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲です。

toriatukaiss_hara_f.jpg


国指定範囲:住宅等の新築、増改築をはじめとする土地の現状変更の禁止等様々な制限があります。
今後保護を要する範囲:通常の埋蔵文化財包蔵地としての取り扱いのほか史跡に関連する遺構が埋蔵されている可能性が高いことから保護・保存の措置を講ずる必要があります。


したがって、当該範囲での開発行為を計画される場合、事前に熊谷市立江南文化財センターまで御連絡、御相談くださいますようお願いいたします。


西別府地内(幡羅官衙遺跡群地内)での開発行為における取り扱いについて[PDF形式 3.10MB]
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/shisetsu/kounan/data/toriatukai_hara.pdf


熊谷デジタルミュージアム「幡羅官衙遺跡群の部屋」
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/jousetu/nishibeppu/index.htm


nice!(0)  コメント(0) 

小原陸軍飛行場(おはらりくぐんひこうじょう)(熊谷南飛行場)復元模型の展示 [お知らせ]

 熊谷市南部の森には太平洋戦争末期に日本陸軍が造った飛行場跡があります。現在では市街化や開墾が進みその痕跡はほとんど残りませんが、埼玉県立小川高等学校社会研究部の活動により、飛行場の復元模型が造られました。
 地元熊谷市の皆さんに見ていただきたいとのことから、総合文化会館ピピアで公開されていますので紹介します。
image003s.jpg
現地調査の様子-右手の高まりは掩体壕の土手部分

 生徒さんたちは飛行場の痕跡探しや当時を知る古老を訪ねるなど、何度も現地調査や周辺旧家へ足を運び、当時を知る人たちから貴重な証言を得られたそうです。
image001s.jpg image004s.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『縄文ZINE』9 配布 [お知らせ]

 都会の縄文人のためのマガジン『縄文ZINE』9が、江南文化財センターに到着しました。
 現在、配布中で20部程しかありませんので、お早めにお願いします!
 今回は、勝坂式土器に焦点をあてたものになってます。
 勝坂46、かちゅさか、土器との遭遇勝坂版などなど。
興味深い内容になってます。
 よろしければ、ご一読ください!
90BE632A-D02F-44B6-B560-226831AD43AB.jpeg
江南文化財センター
熊谷市千代329番地
048-536-5062




nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - お知らせ ブログトップ