So-net無料ブログ作成

熊谷聖パウロ教会建築100周年記念フォーラム・講演会「熊谷聖パウロ教会の建築と教会活動をめぐる歴史」 [建造物]



 7月14日、日本聖公会北関東教区熊谷聖パウロ教会において開催された熊谷聖パウロ教会建築100周年記念フォーラムのうち、講演会「熊谷聖パウロ教会の建築と教会活動をめぐる歴史」(熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)の様子をYouTubeサイトにアップしましたのでご参照ください。1世紀という歴史に想いを馳せながら、同教会礼拝堂の建築的特性や煉瓦造りの温かさを感じる機会となりました。




nice!(0)  コメント(0) 

【特別公開】源宗寺本堂・平戸の大仏ー保存修理事業へのスタートアップ・フォーラム― [建造物]

1907源宗寺本堂特別公開案内%20(2).jpg


源宗寺「木彫大仏坐像」は「平戸の大仏(おおぼとけ)」と称され、
地域の貴重な仏像として保存されてきました。
現在、二体の大仏を収蔵する源宗寺本堂の老朽化が進んだことから、
保存修理事業を開始するにあたり特別公開、スタートアップ・フォーラムを行います。

概要
日時:令和元年 7月27日(土曜)
時間:午前9時~午後4時(会場にて適宜解説) 入場無料
解説会「源宗寺本堂の保存と仏像の歴史をめぐって」(午前10時30~)
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹
関連イベント:コミュニティスペース「二十二夜」出張出店 フード・マルシェ
オリエンタル和装ショー(13時)、オカリナ演奏(14時)など
(詳細は「二十二夜」のFacebookページをご参照ください。)

主催・連絡先:源宗寺本堂保存修理委員会事務局(山川会計事務所)電話048-526-5874

nice!(1)  コメント(0) 

国登録有形文化財「熊谷聖パウロ教会」建築100周年記念フォーラム [建造物]

99303689-CA7C-434C-AD90-16AA65A05680.jpeg
講演会 「熊谷聖パウロ教会の建築と教会活動をめぐる歴史」(熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)


22A95F50-50BA-4FC6-9429-D36F0E88369E.jpeg
石亀希実さんによるJ.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調」BWV1004 


 2019年7月14日、【熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年記念事業】国登録有形文化財「熊谷聖パウロ教会」建築100周年記念フォーラムを同教会礼拝堂において開催しました。会場には100名を超える来場者がありました。
 日本聖公会北関東教区熊谷聖パウロ教会 司祭ガブリエル 西海雅彦 牧師の挨拶とお祈り、熊谷商工会議所会頭で熊谷学ラボラトリー会長の藤間憲一氏による来賓挨拶に続き、講演会 「熊谷聖パウロ教会の建築と教会活動をめぐる歴史」(熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)を行い、熊谷聖パウロ教会の建築構造や歴史などについて説明しました。その後、ヴァイオリン奏者の石亀希実さんによる演奏会が行われ、 J.S.バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調」BWV1004 (1. Allemande 2. Courante 3. Sarabande 4. Gigue 5. Chaconne)が演奏され、煉瓦造りの礼拝堂に優しく時には力強くヴァイオリンの音色が響いていました。建築から100年という記念すべき時間を共有することができました。




nice!(0)  コメント(0) 

熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝「記念講演会」 [建造物]




 2019年5月25日、熊谷市中央公民館で開催された熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝「記念講演会」の様子を収録し、YouTubeにて公開しています。題目は「日本聖公会・熊谷聖パウロ教会の歴史―教会運動と礼拝堂建築をめぐって」です。建築100周年を迎えた熊谷聖パウロ教会の歴史に着目した上で、明治期から大正期かけての教会運動と北海道での開拓運動について話題が及んでいます。どうぞご参照ください。




nice!(0)  コメント(0) 

熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝「記念礼拝」 [建造物]



 2019年5月25日、熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝「記念礼拝」が、熊谷市宮町の日本聖公会・北関東教区・熊谷聖パウロ教会で開催されました。熊谷聖パウロ教会礼拝堂は建築から100周年を迎えました。礼拝堂と門は国の有形文化財に登録されています。礼拝堂としての役目を与えられてからの聖別100年に思いを寄せて、静寂中で多くの祈りを共有する機会となりました。礼拝の様子を収録し、YouTubeの江南文化財センターのサイトにて公開しています。1世紀の記念となる礼拝の様子をご参照ください。



nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「長島記念館・邸宅」文化財指定記念フォーラムの動画をYouTubeに掲載しました。 [建造物]



2019年5月18日に開催した熊谷市名勝「長島記念館・邸宅」文化財指定記念フォーラムの動画を江南文化財センターのYouTubeサイトに掲載しました。どうぞご覧ください。

概要 
日時:2019年(令和元年)5月18日(土)
10時30分から正午
会場:長島記念館
(埼玉県熊谷市小八林1022番地)
開 会
挨 拶  
公益財団法人長島記念財団代表理事 長島栄子

調査報告会
「長島記念館の景観と文化史」 
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹

対 談「長島恭助と長島家邸宅」
公益財団法人長島記念財団常務理事 田沼利将
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹

演奏会 「J・S・バッハ無伴奏チェロ組曲第1番(ヴィオラ版)」 
《サラバンド・プレリュード・アルマンド・クーラント》
ヴィオラ奏者 後藤典子




nice!(0)  コメント(0) 

熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝 [建造物]

 2019年5月25日(土)、熊谷市宮町の日本聖公会・熊谷聖パウロ教会において、「熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝」が執り行われました。同教会は1919年5月29日にこの地に礼拝堂が竣工し、今年で100周年を迎えます。礼拝堂と門は国登録有形文化財となっています。

 竣工、聖別100年を記念して同行事が企画され、日本聖公会北関東教区の広田勝一主教をはじめ関係聖職者による礼拝が行われ、信徒を含め約80名が参列しました。その後、近隣の熊谷市中央公民館において国登録有形文化財「熊谷聖パウロ教会礼拝堂」についての講演会が開催されました。建築の概要と、明治から大正期の教会運動について紹介しました。
 礼拝では、広田主教が旧約聖書の詩編「主の庭で過ごす喜び」の一節「あなたの庭で過ごす一日は、千日にまさる恵みです」を引用しました。そこに含まれる意味のように、記念行事という1日を過ごしながら、100年受け継がれてきた歴史を感じる機会となりました。


F1A54AFF-3A96-4ABF-B371-05767F64F5E2.jpeg
聖職者入場

F212BDF7-0B1D-41F5-8F5E-7BD833986060.jpeg
記念礼拝

8764FAA9-5572-4AE4-8518-528175D62F14.jpeg
100年の歴史に思いを馳せながら礼拝堂の建築を感じあう

2D1ECB3B-6895-448B-A6A1-040E50E4B1CA.jpeg
記念講演会「熊谷聖パウロ教会の建築と教会運動の歴史をめぐって」


nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「長島記念館・邸宅」文化財指定記念フォーラム [建造物]

image1.jpeg
長島記念館主屋


 2019 年3 月29 日、「長島記念館・邸宅」が熊谷市の文化財「名勝」に指定しました。この邸宅は、旧埼玉銀行の頭取・会長を務めた長島恭助の生家であるとともに、長島家の歴代当主が建造物の建立や作庭に関わってきた歴史を今に伝えるものです。建造物調査などによって、高い技術を誇る職人集団の存在や、石蔵の大谷石をはじめ高品質を求めて手配した形跡が確認されました。長島恭助の没後は、主屋や石蔵を保存し、長島家が収集した美術品を公開する記念館として今に至っています。収蔵されている美術品は、国内屈指の価値を誇るコレクション内容で、新紙幣の肖像画となる「渋沢栄一」の書も残されるなど、歴史の中で育まれてきた文化発信拠点としての特色を有しています。そ して、この度、文化財指定を記念したフォーラムを開催します。どうぞご来場ください。

日時:2019 年5 月18 日(土曜)10 時30 分から正午
会場:長島記念館(埼玉県熊谷市小八林1022 番地)
10:30~ 調査報告会「長島記念館の景観と文化史」
熊谷市立江南文化財センター山下祐樹
 対談:長島記念財団常務理事 田沼利将
11:30~ 演奏会J・S・バッハ無伴奏チェロ組曲第1番(ヴィオラ版)ほか
ヴィオラ奏者後藤典子
入場料:一般300 円、小中学生100 円
アクセス:JR 熊谷駅南口から市内循環バスゆうゆうバス「ひまわり号」長島記念館行き40 分
JR 吹上駅から車で5 分
共催・問合せ:熊谷市立江南文化財センター電話048-536-5062
公益財団法人長島記念財団電話0493-39-2025


参照URL
Yahoo! ニュース 熊谷経済新聞の配信内容
https://kumagaya.keizai.biz/photoflash/590/

熊谷学ラボラトリー
https://ameblo.jp/kumagaya-labo/entry-12461368612.html




nice!(0)  コメント(0) 

日本建築学会関東支部の熊谷視察 [建造物]

471DFB7C-6909-4898-B186-0414FE7790CD.jpeg
国宝「歓喜院聖天堂」での視察

B9BAB7DA-23D4-4930-B3C8-4E0BBD05CDC2.jpeg
熊谷ラグビー場のメインスタンド


 一般社団法人日本建築学会関東支部の熊谷市内での研修があり、新たに完成した熊谷ラグビー場、国宝「歓喜院聖天堂」などを視察しました。熊谷市のガイダンスとして市内の歴史や文化財、観光について紹介し、約30名が参加しました。熊谷ラグビー場では本年9月からのラグビーワールドカップが開催されます。現地では電光掲示板を使用してのプレゼンテーション動画を鑑賞したほか、建物内の各室について見学しました。聖天堂では建造物としての特色などを説明し、文化財保存としての課題などについてお伝えしました。



nice!(1)  コメント(0) 

「坂田医院旧診療所」「井田記念館」解説会 [建造物]


image.jpg
坂田医院旧診療所での解説会

 妻沼聖天山の御本尊御開扉に合わせて4月16日~4月22日の期間、国登録有形文化財「坂田医院旧診療所」及び隣接する井田記念館の一般公開を開催しました。ともに通常では非公開となっている建造物である、一般公開への関心は高く、全期間通じて、のべ700名を超える入場者数がありました。
 4月19日には来場者向けの解説会を実施し、昭和初期に設計建築された「坂田医院旧診療所」及び「井田記念館」の意匠や特質などについて説明しました。普段見る機会が少ない内部の雰囲気を味わっていました。








nice!(0)  コメント(0)