So-net無料ブログ作成

熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝 [建造物]

 2019年5月25日(土)、熊谷市宮町の日本聖公会・熊谷聖パウロ教会において、「熊谷聖パウロ教会聖堂聖別100周年礼拝」が執り行われました。同教会は1919年5月29日にこの地に礼拝堂が竣工し、今年で100周年を迎えます。礼拝堂と門は国登録有形文化財となっています。

 竣工、聖別100年を記念して同行事が企画され、日本聖公会北関東教区の広田勝一主教をはじめ関係聖職者による礼拝が行われ、信徒を含め約80名が参列しました。その後、近隣の熊谷市中央公民館において国登録有形文化財「熊谷聖パウロ教会礼拝堂」についての講演会が開催されました。建築の概要と、明治から大正期の教会運動について紹介しました。
 礼拝では、広田主教が旧約聖書の詩編「主の庭で過ごす喜び」の一節「あなたの庭で過ごす一日は、千日にまさる恵みです」を引用しました。そこに含まれる意味のように、記念行事という1日を過ごしながら、100年受け継がれてきた歴史を感じる機会となりました。


F1A54AFF-3A96-4ABF-B371-05767F64F5E2.jpeg
聖職者入場

F212BDF7-0B1D-41F5-8F5E-7BD833986060.jpeg
記念礼拝

8764FAA9-5572-4AE4-8518-528175D62F14.jpeg
100年の歴史に思いを馳せながら礼拝堂の建築を感じあう

2D1ECB3B-6895-448B-A6A1-040E50E4B1CA.jpeg
記念講演会「熊谷聖パウロ教会の建築と教会運動の歴史をめぐって」


nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「長島記念館・邸宅」文化財指定記念フォーラム [建造物]

image1.jpeg
長島記念館主屋


 2019 年3 月29 日、「長島記念館・邸宅」が熊谷市の文化財「名勝」に指定しました。この邸宅は、旧埼玉銀行の頭取・会長を務めた長島恭助の生家であるとともに、長島家の歴代当主が建造物の建立や作庭に関わってきた歴史を今に伝えるものです。建造物調査などによって、高い技術を誇る職人集団の存在や、石蔵の大谷石をはじめ高品質を求めて手配した形跡が確認されました。長島恭助の没後は、主屋や石蔵を保存し、長島家が収集した美術品を公開する記念館として今に至っています。収蔵されている美術品は、国内屈指の価値を誇るコレクション内容で、新紙幣の肖像画となる「渋沢栄一」の書も残されるなど、歴史の中で育まれてきた文化発信拠点としての特色を有しています。そ して、この度、文化財指定を記念したフォーラムを開催します。どうぞご来場ください。

日時:2019 年5 月18 日(土曜)10 時30 分から正午
会場:長島記念館(埼玉県熊谷市小八林1022 番地)
10:30~ 調査報告会「長島記念館の景観と文化史」
熊谷市立江南文化財センター山下祐樹
 対談:長島記念財団常務理事 田沼利将
11:30~ 演奏会J・S・バッハ無伴奏チェロ組曲第1番(ヴィオラ版)ほか
ヴィオラ奏者後藤典子
入場料:一般300 円、小中学生100 円
アクセス:JR 熊谷駅南口から市内循環バスゆうゆうバス「ひまわり号」長島記念館行き40 分
JR 吹上駅から車で5 分
共催・問合せ:熊谷市立江南文化財センター電話048-536-5062
公益財団法人長島記念財団電話0493-39-2025


参照URL
Yahoo! ニュース 熊谷経済新聞の配信内容
https://kumagaya.keizai.biz/photoflash/590/

熊谷学ラボラトリー
https://ameblo.jp/kumagaya-labo/entry-12461368612.html




nice!(0)  コメント(0) 

日本建築学会関東支部の熊谷視察 [建造物]

471DFB7C-6909-4898-B186-0414FE7790CD.jpeg
国宝「歓喜院聖天堂」での視察

B9BAB7DA-23D4-4930-B3C8-4E0BBD05CDC2.jpeg
熊谷ラグビー場のメインスタンド


 一般社団法人日本建築学会関東支部の熊谷市内での研修があり、新たに完成した熊谷ラグビー場、国宝「歓喜院聖天堂」などを視察しました。熊谷市のガイダンスとして市内の歴史や文化財、観光について紹介し、約30名が参加しました。熊谷ラグビー場では本年9月からのラグビーワールドカップが開催されます。現地では電光掲示板を使用してのプレゼンテーション動画を鑑賞したほか、建物内の各室について見学しました。聖天堂では建造物としての特色などを説明し、文化財保存としての課題などについてお伝えしました。



nice!(1)  コメント(0) 

「坂田医院旧診療所」「井田記念館」解説会 [建造物]


image.jpg
坂田医院旧診療所での解説会

 妻沼聖天山の御本尊御開扉に合わせて4月16日~4月22日の期間、国登録有形文化財「坂田医院旧診療所」及び隣接する井田記念館の一般公開を開催しました。ともに通常では非公開となっている建造物である、一般公開への関心は高く、全期間通じて、のべ700名を超える入場者数がありました。
 4月19日には来場者向けの解説会を実施し、昭和初期に設計建築された「坂田医院旧診療所」及び「井田記念館」の意匠や特質などについて説明しました。普段見る機会が少ない内部の雰囲気を味わっていました。








nice!(0)  コメント(0) 

妻沼聖天山御本尊御開扉記念 国登録有形文化財「坂田医院旧診療所」・メヌマポマード発祥の地「井田記念館」一般公開 [建造物]

妻沼聖天山御本尊御開扉記念として、国登録有形文化財「坂田医院旧診療所」及びメヌマポマード発祥の地「井田記念館」を一般公開しています。通常は非公開の建造物ですの、この機会にどうぞお越しください。



image.jpg
坂田医院旧診療所 外観

image.jpg
坂田医院旧診療所 内部・診察室

image.jpg
井田記念館 外観

 
とき  4月16日(火曜)から22日(月曜) 9時から17時
ところ 坂田医院旧診療所(妻沼1420番地)
入場無料 申込不要

解説会 4月19日(金曜)午後2時から :坂田医院旧診療所集合
「坂田医院旧診療所・井田記念館―建造物の概要と意匠の特色をめぐって」
(熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)


nice!(1)  コメント(0) 

妻沼聖天山御本尊御開扉記念 特別展「妻沼聖天山の絵馬展」 [建造物]

4月25日までの会期(22日休館)で、妻沼聖天山御本尊御開扉記念 特別展「妻沼聖天山の絵馬展」を開催しています。

image.jpg
「妻沼聖天山の絵馬展」会場風景

image.jpg
明治時代の妻沼聖天山境内を描いた絵馬



江戸期から昭和にかけて妻沼聖天山に寄進され、本殿「歓喜院聖天堂」に収蔵されていた、様々な絵馬や奉納額を一堂に集めた特別展です。どうぞご参照ください。


開催概要
とき 会期4月16日(火曜)から25日(木曜) 9時から17時 
観覧無料

【特別観覧会・解説会:4月20日(土曜)14時から15時】
講師:山下祐樹「妻沼聖天山の絵馬・奉納額群と信仰の歴史」

ところ 妻沼展示館(熊谷市妻沼東1-1)  



nice!(0)  コメント(0) 

妻沼聖天山・重文秘仏御本尊御開扉記念 フォーラム「妻沼聖天山の信仰と文化遺産の未来をめぐって」 [建造物]


image.jpg


 妻沼聖天山歓喜院(熊谷市妻沼)で4月16日から、本尊の秘仏、国指定重要文化財「御正躰錫杖頭(みしょうたいしゃくじょうとう)」が一般公開される「御開扉」がいよいよ始まりました。

 初日の16日には、妻沼聖天山・重文秘仏御本尊御開扉記念  フォーラム「妻沼聖天山の信仰と文化遺産の未来をめぐって」が開催されました。妻沼聖天山歓喜院の鈴木英全院主と、株式会社小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長による対談が行われました。フォーラムのコーディネーターを、熊谷市教育委員会の山下祐樹主任が務め、将来的な文化遺産の保存や地域信仰のあり方など多様なテーマについて語り合いました。会場には秘仏の拝観者をはじめ約150人が集まり、華やかな機会となりました。御開扉は4月22日までとなります。



nice!(0)  コメント(0) 

埼玉県立近代美術館 企画展「<del>インポッシブル</del>・アーキテクチャー もうひとつの建築史」 [建造物]





2018-12-21-18_52_36.jpg



 埼玉県立近代美術館において企画展「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」が開催されています。20世紀以降における「未完の建築物」をテーマに紹介する展示です。





企画展「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」

開催案内

会場 埼玉県立近代美術館(埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1)

会期
2019年2月2日 (土) ~ 3月24日 (日)
※会期中に一部展示替えがあります。
前期:2月2日 (土) ~2月24日 (日)、後期:2月26日(火)〜3月24日 (日)

休館日 月曜日

開館時間  10:00 ~ 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料
一般1200円(960円)、大高生960円(770円)
※( ) 内は団体20名以上の料金。
※中学生以下、障害者手帳等をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。
※併せてMOMASコレクション (1階展示室) もご覧いただけます。



開催概要(同美術館サイトより)

 建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在しています。未来に向けて夢想した建築、技術的には可能であったにもかかわらず社会的な条件や制度によって実施できなかった建築、実現よりも既存の制度に対して批評精神を打ち出す点に主眼を置いた提案など、いわゆるアンビルト/未完の建築には、作者の夢や思考がより直接的に表現されているはずです。
 この展覧会は、20世紀以降の国外、国内のアンビルトの建築に焦点をあて、それらを仮に「インポッシブル・アーキテクチャー」と称しています。ここでの「インポッシブル」という言葉は、単に建築構想がラディカルで無理難題であるがゆえの「不可能」を意味しません。言うまでもなく、不可能に眼を向ければ、同時に可能性の境界を問うことにも繋がります。建築の不可能性に焦点をあてることによって、逆説的にも建築における極限の可能性や豊穣な潜在力が浮かび上がってくる-それこそが、この展覧会のねらいです。   
 約40人の建築家・美術家による「インポッシブル・アーキテクチャー」を、図面、模型、関連資料などを通して読み解きながら、未だ見ぬ新たな建築の姿を展望します。

主な出品予定作家(アルファベット順)
会田誠、安藤忠雄、アーキグラム、荒川修作+マドリン・ギンズ、ヤーコフ・チェルニホフ、ヨナ・フリードマン、藤本壮介、マーク・フォスター・ゲージ、ピエール・ジャン・ジルー、ザハ・ハディド・アーキテクツ+設計JV(日建設計、梓設計、日本設計、オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン設計共同体)、ジョン・ヘイダック、ハンス・ホライン、石上純也、磯崎新、川喜田煉七郎、菊竹清訓、レム・コールハース、黒川紀章、ダニエル・リベスキンド、前川國男、カジミール・マレーヴィチ、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、長倉威彦、コンスタン・ニーヴェンホイス、山口文象(岡村蚊象)、岡本太郎、セドリック・プライス、エットレ・ソットサス、スーパースタジオ、瀧澤眞弓、ウラジーミル・タトリン、ブルーノ・タウト、ジュゼッペ・テラーニ、山口晃、村田豊


主催  埼玉県立近代美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会


監修  五十嵐太郎

協賛  ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜

協力  Estate of Madeline Gins / Reversible Destiny Foundation、JR東日本大宮 支社、FM NACK5

紹介記事 建築史家・五十嵐太郎×「インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史」展 【スペシャリスト 鑑賞の流儀】


問合せ
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
Tel: 048-824-0111
Fax: 048-824-0119
E-mail: p240111@pref.saitama.lg.jp




nice!(0)  コメント(0) 

愛染堂の縁日 愛染明王・藍染絵馬の公開 [建造物]


image.jpg

春めいた陽気の中、2月24日、熊谷市下川上にある愛染堂の縁日が開催されました。文化財の愛染明王と藍染絵馬の公開も合わせて行われ、法要前に、愛染堂を基点とした信仰の歴史についてお話しました。地域の文化遺産の保存に向けて、改めて皆さんのご協力が必要であることを意識共有できる機会となりました。





nice!(0)  コメント(0) 

愛染堂縁日と愛染明王の公開について [建造物]

熊谷市下川上にある愛染堂の縁日が開催され、市指定有形民俗文化財「愛染明王」「藍染絵馬」の一般公開を行います。

image.jpg


開催概要
日時:平成31年2月24日(日)9時~15時(公開・縁日)
会場:宝乗院「愛染堂」・下川上自治会館(熊谷市下川上32付近)
日程:9:30~解説「愛染堂信仰の歴史」(熊谷市教育委員会 山下祐樹)
10:00~縁日開会 10:30~護摩祈願(11:00~、13:00~)
13:00~ハーモニカ演奏・紙芝居(紬の会)

アクセス
熊谷市ゆうゆうバス ムサシトミヨ号(熊谷駅南口発) 
:バス停「愛染堂前」下車すぐ
国際十王バス 犬塚行き(熊谷駅北口)
:下川上下車 徒歩8分
駐車場:愛染堂西側特設駐車場・星宮公民館

問合せ:048-522-0237(宝乗院「愛染堂」・実相院)
    090-5192-3481(縁日保存会・当日問合せ)




nice!(0)  コメント(0)