So-net無料ブログ作成

熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナール 「碧梧桐と熊谷の文化史」 [句碑・歌碑]


碧梧桐a.jpg


俳壇史を学び楽しむ in 星溪園 熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナール 「碧梧桐と熊谷の文化史」を開催します。
 

俳壇史と熊谷の文化史の関わりを学ぶ講座と、俳人・河東碧梧桐の​揮毫俳句を含む屏風の特別公開を開催します。また、講座では俳人​・金子兜太と碧梧桐の関わりや、屏風を所有していた古美術店「工​藝」にも着目します。



とき:令和元年8月23日(金)午後2時〜午後4時
ところ:星溪園積翠閣
講師:熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹 主任
定員:25人 申込み:当日星溪園で受付  受講無料
主催:熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナール
問合せ:江南文化財センター 048-536-5062

【解説】
河東(かわひがし)碧梧桐(へきごとう) (1873-1937) 
明治6年(1873)2月26日、愛媛県松山市千舟町(旧温泉郡​千船町)に生まれる。伊予尋常中学校(現在の愛媛県立松山東高校​)、第三高等学校入学の後、第二高等学校(現・東北大学)中退。​中学時代から正岡子規に兄事、高浜虚子とともに子規門の双璧をな​した。子規没後、新聞「日本」の俳句欄の選者を子規より継承した​。明治39年全国俳句行脚を開始、新傾向俳句運動を進める。中塚​一碧楼らと大正4年『海紅』を創刊、自由律俳句を示す。『八年間​』『三千里』『碧梧桐句集』などがある。大正12年「碧」、14​年「三昧」を創刊。昭和12年(1937)2月1日死去。

古美術店「工藝」と碧梧桐屏風
熊谷市本町二丁目の国道17号沿い市役所前交差点近くにあった古​美術店。かつては江戸時代後期から続く木綿問屋が原点で、戦後は​金子綿ふとん店として店舗が続けられた後、1980年から古民家​を活かした古美術店「工藝」として開店し、2010年頃に閉店し​た。現在、その店舗建物は残されていない。「工藝」の店主、熊木​憲市氏(1938-2010)は、フランス文学者の朝吹登水子氏​(1917-2005)や俳人の金子兜太氏(1919-2018​)とも交流があったほか、俳人の揮毫作品のコレクションなどでも​知られる。今回、「工藝」から市内個人が購入し有していた、碧梧​桐の俳句短冊を含む屏風(六曲一双屏風H95×W265cm)を​特別公開する。




nice!(1)  コメント(0)