So-net無料ブログ作成

熊谷市国際交流協会主催・日本文化体験イベント in 星溪園 [記念物]

CB65C79C-5D52-435C-B60A-C850594ED890.jpeg
立礼席でのお茶会体験


7月28日、熊谷市名勝の星溪園で熊谷市国際交流協会主催の日本文化体験イベントが開催されました。外国人は着付け教室やお茶会体験などを楽しみました。イベントの翌日には、熊谷も梅雨が明け、本格的な夏が到来しています。




nice!(0)  コメント(0) 

映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』完成直前イベント in 「さめじまボンディングクリニック」 [お知らせ]

2D0A1781-712C-400B-A641-64FD84E27434.jpeg


 医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニックのフェスティバル「さめフェス」での企画として、熊谷出身で日本初の公認女性医師となった荻野吟子の生涯を描いた映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』完成直前イベントを開催します。入場無料です。


開催概要(同クリニックホームページより)
日時:8/4(日) 10:00~12:00
会場:さめじまボンディングクリニック
(埼玉県熊谷市太井1681)
B棟セミナールーム
概要
『一粒の麦』荻野吟子の生涯 完成直前イベント
映画予告編上映、メイキング映像や山田火砂子監督による話、対談など盛りだくさんの2時間です!映画の完成直前、公開前の最後の仕上げをしている最中を抜け出して、お忙しい監督自らこの映画についてのお話しをしてくださいます。

対談者 :映画『一粒の麦 荻野吟子の生涯』  山田火砂子 監督
         現代ぷろだくしょん     上野有 プロデューサー
         熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹 主任(映画監修、エキストラ出演)

―――――――

さめフェス概要
体験セミナー・講演会・映画上映や、小さなお子さまにはヨーヨー釣りやフォトスポットなどもご用意。どなたでも参加できるイベントです。セミナー・講演会(お土産付)などは、無料でご参加いただけます。当日は通常通り診察を行いますので、診察予定の方もご参加いただけます!11:30~13:30 特製さめボンカレー(無料)を先着200食ご用意しております。
(イベントの詳細は、さめじまボンディングクリニックホームページをご参照ください)

主催:医療法人きずな会 さめじまボンディングクリニック
〒360-0025 埼玉県熊谷市太井1681
アクセス:熊谷駅南口よりお車で15分・行田駅西口より徒歩で10分・行田駅西口より車で4分
(無料シャトルバスを運行)

お問い合せ
TEL:048-526-1103
FAX:048-526-1102 
Mail:iiosan2@beige.ocn.ne.jp






nice!(0)  コメント(0) 

源宗寺本堂保存修理事業スタートアップイベント [仏像]

A9BEF6FE-F91D-4B2F-A7BF-CD08F903F812.jpeg
「平戸の大仏(おおぼとけ)」(源宗寺木彫大仏坐像) 
右側が薬師如来、左側が観世音菩薩。

D0E6530D-8BB7-4A60-8BC5-553F04A9B964.jpeg
解説会「源宗寺本堂の保存と仏像の歴史をめぐって」。
適宜の解説会は15回に及ぶほど大きな関心が集まった。

DC9582B9-6D50-405E-BF20-D66F48D63BAC.jpeg
本堂前では音楽とともにダンスを披露するオリエンタル和装ショーが開催された。


 2019年7月27日、寄木造木彫の大仏坐像としては国内最大級の規模を誇る「平戸の大仏(おおぼとけ)」。この二体の大仏を収蔵する源宗寺本堂の 保存修理事業を開始するにあたり特別公開などスタートアップイベントを開催しました。解説会「源宗寺本堂の保存と仏像の歴史をめぐって」( 熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)のほか、来場者への適宜解説、 関連イベントとしてコミュニティスペース「二十二夜」出張出店 フード・マルシェ、オリエンタル和装ショー、オカリナ演奏などが開催され、約500名の来場がありました。

保存修理事業では、多くの皆様からの寄付を募集しています。詳細は、源宗寺本堂保存修理委員会事務局(山川会計事務所)、電話048-526-5874までお問合せください。






nice!(0)  コメント(0) 

文京区立森鴎外記念館コレクション展「文学とビール―鴎外と味わう麦酒の話」 [展示]

 東京都の文京区立森鴎外記念館において、【コレクション展「文学とビール―鴎外と味わう麦酒(ビール)の話」】が開催されています。梅雨明けまでの長さを感じる今日この頃ですが、暑い夏とビールは愛称が良いことはもちろん、季節を問わず人々の楽しみの一つでもあります。文学とビールをテーマにした展示も興味深いところです。ご堪能されてみてはいかがでしょうか。


文学とビール.jpg


【文京区立森鴎外記念館 コレクション展 案内より】
「とりあえずビール」と、現在では手軽に飲むことができるビール。江戸時代末に日本にもたらされたビールは、明治に入って本格的に醸造され始め、広く飲まれるようになったのは40年代以降のことでした。
鴎外は、日本ではまだビールが貴重だった明治17年から21年まで、陸軍軍医としてドイツに留学し、本場のビールを楽しみました。留学中の日記『独逸日記』では、鴎外が醸造所やオクトーバーフェスト(ビール祭り)を訪れたり、自ら被験者となって「ビールの利尿作用」について研究していたことが分かります。
こうした鴎外のビール体験は『うたかたの記』(明治23年)などの作品に生かされました。また、同時代の文学者たちもビールを作中に描きました。夏目漱石『吾輩は猫である』(明治38~39年)、太宰治『酒の追憶』(昭和23年)に見られるおもてなしや晩酌としてのビール、高村光太郎『カフエ、ライオンにて』(大正2年)に見られる酒場の様子など、文学作品には明治・大正から現代に通じる様々なビールのある風景が登場します。
本展では、鴎外のビール体験に触れると共に、文学作品に登場するビールのある風景を、所蔵資料から紹介します。この夏、ビールを切り口に文学作品を味わってみませんか。

開催概要
2019年 7月 5日 ~ 2019年 10月 6日
会期:2019年7月5日(金)~10月6日(日)
 ※7月23日(火)、8月27日(火)、9月24日(火)
会場:文京区立森鴎外記念館 展示室2
開館時間:10時~18時(最終入館は閉館30分前)
 ※7月9日(火)、8月25日(日)は9時より開館
 ※8月3日(土)は21時まで開館
観覧料:一般300円(20名以上の団体:240円)
 ※中学生以下無料、障害者手帳ご提示の方と介護者1名まで無料
 ※文京ふるさと歴史館入館券、パンフレット(押印入)、友の会会員証ご提示で2割引き

◆関連イベント
●講演会
「森鴎外とドイツ・ビール」
 講師:美留町義雄氏(大東文化大学教授)
 日時:9月7日(土)14時~15時30分
 詳しくは同館ホームページをご参照ください
https://moriogai-kinenkan.jp/modules/event/index.php?smode=Monthly&action=View&event_id=0000001582&caldate=2019-9-7

●ギャラリートーク
 展示室にて当館学芸員が展示解説を行います。
 7月24日、8月21日、9月18日
 いずれも水曜日14時~(30分程度)
 申込不要(展示観覧券が必要です)

●学生ボランティアによるギャラリートーク
 展示室にて文京区内大学の有志が展示解説を行います。
 9月1日(日)11時~/14時~(各回30分程度)予定
 申込不要(高校生以上の方は、展示観覧券が必要です)


問合せ
文京区立森鴎外記念館
〒113-0022 東京都文京区千駄木1-23-4
TEL 03-3824-5511
bmk-info@moriogai-kinenkan.jp

https://moriogai-kinenkan.jp/





nice!(0)  コメント(0) 

動画「荻野吟子の生涯」と映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」の公開 [お知らせ]



熊谷市立荻野吟子記念館で放映されている動画「荻野吟子の生涯」を江南文化財センターのYouTubeサイトにアップしました。荻野吟子の生涯や人生の歩みを知る一助としてご視聴ください。

なお、日本初の女性医師・荻野吟子の生涯を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」が公開されます。熊谷においても9月1日に先行放映会を開催します。詳細は次の放映概要をご参照ください。



放映概要

映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」公式ページ(現代ぷろだくしょん)
http://www.gendaipro.jp/ginko/(外部サイト)

フライヤー「映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」
(熊谷での映画試写会の情報について掲載されています。ご覧ください。)
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/ginko_hitotubunomugi.pdf(外部サイト)

熊谷デジタルミュージアム「荻野吟子 特設ページ」
(荻野吟子の生涯や映画公開情報などを発信します。)
http://www.kumagaya-bunkazai.jp/museum/ijin/oginoginko.htm(外部サイト)


【「一粒の麦 荻野吟子の生涯」有料試写会のお知らせ!】
・8/29(木曜日) 18:15上映開始 ユナイテッドシネマ浦和
・8/31(土曜日) 10:30/14:00上映開始 千葉県八千代市民会館
・9/1(日曜日) 10:30/14:00上映開始 埼玉県妻沼中央公民館
・9/1(日曜日) 18:00上映開始 群馬県千代田町 町民プラザ
・9/7(土曜日) 14:00上映開始 中野ゼロ小ホール*
・9/21(土曜日) 10:30/14:00/18:00上映開始 本庄市民文化会館
・9/28(土曜日) 10:30/14:00上映開始 千葉県教育会館新館大ホール
*9/7の中野ゼロは出演者の舞台挨拶を予定しています。
(制作協力券のみ入場可、当日券の販売はございません。)

詳細は現代ぷろだくしょん(tel:03-5332-3991)もしくは当フェイスブックまでお問合せください。


【「一粒の麦 荻野吟子の生涯」ロードショーのお知らせ!】
・10/26(土曜日) よりケイズシネマ新宿(1日3回3週間の上映が決定しています)
・10/26(土曜日) より熊谷シネティアラ21
・11/2(土曜日) より名古屋シネマスコーレ
・11/30(土曜日) より横浜シネマリン
・12/6(金曜日) より札幌シネマフロンティア
※時期調整中 ユナイテッドシネマ浦和・深谷シネマ
※大阪は時期と会場を調整中です!

詳細は、各映画館に直接お問合せください。 


【チケット発売のお知らせ】
明日(7/17)よりチケットぴあにて「一粒の麦 荻野吟子の生涯」全館共通チケットが発売されます!
Pコードは467-828です。

購入方法は次の方法となります。
・セブンイレブン・ファミリーマート
http://t.pia.jp/guide/retail.jsp(外部サイト)

・電話で購入する
http://t.pia.jp/guide/orderbyphone.jsp(外部サイト)



nice!(0)  コメント(0) 

【特別公開】源宗寺本堂・平戸の大仏ー保存修理事業へのスタートアップ・フォーラム― [建造物]

1907源宗寺本堂特別公開案内%20(2).jpg


源宗寺「木彫大仏坐像」は「平戸の大仏(おおぼとけ)」と称され、
地域の貴重な仏像として保存されてきました。
現在、二体の大仏を収蔵する源宗寺本堂の老朽化が進んだことから、
保存修理事業を開始するにあたり特別公開、スタートアップ・フォーラムを行います。

概要
日時:令和元年 7月27日(土曜)
時間:午前9時~午後4時(会場にて適宜解説) 入場無料
解説会「源宗寺本堂の保存と仏像の歴史をめぐって」(午前10時30~)
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹
関連イベント:コミュニティスペース「二十二夜」出張出店 フード・マルシェ
オリエンタル和装ショー(13時)、オカリナ演奏(14時)など
(詳細は「二十二夜」のFacebookページをご参照ください。)

主催・連絡先:源宗寺本堂保存修理委員会事務局(山川会計事務所)電話048-526-5874

nice!(1)  コメント(0) 

講座「金子兜太と美術史―兜太文学と美術史の系譜をめぐってー」 [句碑・歌碑]

EABFF49A-177D-4B5B-9BD0-9A2ABB0FCADA.jpeg
講座「金子兜太と美術史―兜太文学と美術史の系譜をめぐってー」

D92A6A92-C012-4449-A7BA-CF3A4A6DCA82.jpeg
初公開となった金子兜太氏の揮毫額「記憶の町ちかし夕霧の猫も」と俳句扇子

9B8F643C-008E-4BA5-8084-B11DA581C61D.jpeg
『金子兜太戦後俳句日記第1巻』と『青鮫は来ているのか』

令和元年7月21日(日曜)、熊谷市名勝「星溪園」積翠閣にて、昨年没した俳人・金子兜太氏の生誕100周年を記念し、金子兜太氏の俳句文学と日本美術史の関わりを学ぶ講座「金子兜太と美術史―兜太文学と美術史の系譜をめぐってー」(講師:熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)を開催しました。熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナールの一環として、クールシェアスポットの星溪園で開催し、約20名が受講されました。また会場では、初公開となった金子兜太氏の揮毫額「記憶の町ちかし夕霧の猫も」のほか、熊谷を詠んだ俳句の扇子、今年2月に刊行された『金子兜太戦後俳句日記第1巻』と金子兜太氏の俳句についてのガイドブック『青鮫は来ているのか』を展示しました。






nice!(0)  コメント(0) 

令和元年度「星溪園熊谷うちわ祭茶会」 [記念物]


0EE7A5D3-D21A-4FD6-A2D9-9B02E08B57C9.jpeg

FE5E39B8-84AA-46C2-9F56-CDE75895E608.jpeg

 7月21日、熊谷市名勝「星溪園」の立礼席において毎年恒例の熊谷うちわ祭茶会が開催されました。席主は江戸千家の鎌塚宗千先生が担当され、夏の醍醐味でもある「氷点(こおりだて)」と呼ばれる冷たいお抹茶とお菓子を味わうことができました。梅雨明け前の小雨降る一日でしたが、お越しになった方から順に一席20分ほどのお茶席で、約100名の参加がありました。今回はジョージア大使館やアメリカ軍横田基地からの外国人のご来場もあり、茶道文化を体験される貴重な機会になったようでした。会場近くではうちわ祭の山車・屋台が巡行し、熊谷祇園囃子を耳にしながらのお茶会になりました。






nice!(0)  コメント(0) 

妻沼聖天山奉納絵馬記念講演会「妻沼聖天山の絵馬・奉納額と信仰の歴史について」 [普及事業]



 2019年6月8日、妻沼中央公民館大会議室で開催された妻沼地域文化財調査研究会主催の講演会「妻沼聖天山の絵馬・奉納額と信仰の歴史について」を様子を動画撮影し、YouTubeサイトにて公開していますので、ご参照ください。4月の妻沼聖天山秘仏御本尊御開扉と合わせて開催された「妻沼聖天山の絵馬展」を回顧しながらの講演会となりました。



nice!(0)  コメント(0) 

講座「金子兜太と美術史」(熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナール) [句碑・歌碑]

2019年7月21日星溪園行事(金子兜太と美術史)docx.jpg
講座「金子兜太と美術史」フライヤー

熊谷うちわ祭の巡行祭と合わせて、昨年没した俳人・金子兜太氏の生誕100年を記念し、金子兜太氏の俳句文学と日本美術史の関わりを学ぶ講座を開催します。

とき:令和元年7月21日(日曜)午前10時~正午
ところ:星溪園積翠閣
講師:熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹
定員:25人 申込み:当日星溪園で受付  受講無料
主催:熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナール

当日問合せ:星溪園 048-522-9389


nice!(0)  コメント(0)