So-net無料ブログ作成

「前中西遺跡」 弥生時代中期後半の大型掘立柱建物跡を確認 [弥生時代]


別紙4第三次調査全景切抜3推定_R_Rdd.jpg
第三次調査全景切抜3推定

別紙3掘立柱建物跡のみ枠入_R.jpg
掘立柱建物跡


上之土地区画整理事業地内において埋蔵文化財発掘調査を実施しています。平成31年1月から3月に実施した、「前中西遺跡」発掘調査において、弥生時代中期後半(約2000年前)の独立棟持柱形式の掘立柱建物跡(9.5m×3.7m)を検出しました。これは一般的な建物ではなく、祭祀に係る象徴的な建物と考えられている¥ます。
 本遺跡例は、衣川及び湧水地点近傍に立地することから、水辺の祭祀(自然信仰)に係るものと判断されます。また区画である柵または塀(布掘柱穴列というべき特殊な遺構)もみられ、祭祀空間を復元するための好例であります。
 独立棟持柱形式の掘立柱建物跡、柵または塀による区画、祭祀対象がみられる検出状況は、県内初の事例です。

 独立棟持柱形式とは、母屋(身舎)から棟柱を支える柱が飛び出ており、特異な形状の極めて珍しい建物であるといえます。独立棟持柱形式の掘立柱建物跡は、神奈川県小田原市中里遺跡や埼玉県熊谷市北島遺跡などの弥生時代の大規模集落にみられる象徴的な建物です。県内では3例目となりますが、区画と祭祀対象を伴う事例としては、県内初の出土例であると推定されます。

毎年、埼玉県内の調査を対象として実施される、「第52回遺跡発掘調査報告会」において詳細を報告します。どうぞご参照ください。


日時:令和元年7月28日(日)10:00~18:00のうち
場所:県立さきたま史跡の博物館
主催:埼玉県埋蔵文化財調査事業団、埼玉考古学会、県立さきたま史跡の博物館
(入館料に受講費含む)
観覧料 一般200円(120円)、高校生・学生100円(60円)
 (  )内は20名以上の団体料金
 ※ 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名を含む)は無料




nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「星溪園」入口案内標示のリニューアル [記念物]

FCF22E88-8530-4F1B-B4F0-D0379F09F6BE.jpeg
新たな案内標示

636FC898-C596-4119-89BA-274682823F59.jpeg
旧来の案内標示

熊谷市名勝「星溪園」の正門にある入口の標示板を新しくリニューアルしました。平成4年の園内の改修時に設置された案内標示が古くなり、この度、おもてなしの想いを込めつつ、表現も変えた上で新たなものとなりました。ご来場の際はご確認ください。



nice!(0)  コメント(0) 

熊谷市名勝「長島記念館・邸宅」文化財指定記念フォーラムの動画をYouTubeに掲載しました。 [建造物]



2019年5月18日に開催した熊谷市名勝「長島記念館・邸宅」文化財指定記念フォーラムの動画を江南文化財センターのYouTubeサイトに掲載しました。どうぞご覧ください。

概要 
日時:2019年(令和元年)5月18日(土)
10時30分から正午
会場:長島記念館
(埼玉県熊谷市小八林1022番地)
開 会
挨 拶  
公益財団法人長島記念財団代表理事 長島栄子

調査報告会
「長島記念館の景観と文化史」 
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹

対 談「長島恭助と長島家邸宅」
公益財団法人長島記念財団常務理事 田沼利将
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹

演奏会 「J・S・バッハ無伴奏チェロ組曲第1番(ヴィオラ版)」 
《サラバンド・プレリュード・アルマンド・クーラント》
ヴィオラ奏者 後藤典子




nice!(0)  コメント(0) 

令和元年「熊谷うちわ祭」初集会 [民俗]


69C9C1BE-5C5D-4CE9-9C81-6967121B015D.jpeg

熊谷八坂神社大祭「熊谷うちわ祭」(熊谷市指定無形民俗文化財「熊谷八坂神社祭礼行事」)を1か月後に控え、各町区をはじめとする担当者が集う初集会が開催されました。本年の年番町は「彌生町区」で、同区の栗原弘さんが大総代を務めます。令和元年となる本年のテーマは「神人和楽」。人と神を和の心をもってもてなし、真心をもって祭礼を行うというコンセプトに基づき、準備が進められています。7/20~7/22に熊谷市街地において開催される熊谷うちわ祭。各所に提灯が飾られるなど、街の雰囲気も盛り上がりを見せています。初集会の終わりには熊谷木遣保存会による「木遣唄」が披露された後、栗原大総代のよる熊谷締めで締めくくられました。


熊谷うちわ祭ホームページ
http://uchiwamatsuri.com/


nice!(0)  コメント(0) 

コミュニティスペース「二十二夜」で俳句によりそふ [普及事業]

CBDC980C-48C0-4FE1-8156-53FA2BA8E997.jpeg

熊谷市中西のコミュニティスペース「二十二夜」にて、熊谷在住の俳人、干野 風来子さんによる講演「俳句によりそふ」が開催されました。俳人の故・松本旭氏の門下である干野さん、日々詠む俳句と縁を繋ぎ合わせるお話でした。同じく開催されたオカリナ演奏と合わせ、J:COMの取材もありました。文化財センターがラベルデザインや解説を担当した日本酒「二上 晴湖」も展示されていました。スコールのような雨が降り注ぐ中でしたが、温かな素敵なイベントとなりました。




nice!(0)  コメント(0) 

令和元年度 第1回熊谷市文化財保護審議会の開催 [その他]

5AB99C5D-0106-4FAC-8A14-0B37DBF493A6.jpeg

 2019年6月21日、令和元年度第1回熊谷市文化財保護審議会が熊谷市立江南文化財センター講座室にて開催されました。今回の審議会では、平成30年度における本市の文化財保護事業の報告、協議として令和元年度における事業計画、文化財の指定に向けた調査に係る諮問などについて協議を行いました。文化財指定に向けての調査に関しては、「中西遺跡出土土偶一括」などの調査検討をはじめ、特に考古資料についての協議が主たる内容となりました。それらの提案事項の全てが承認されました。文化財としての価値理解に向けて審議会委員及び事務局では、年間を通しての調査を実施する予定です。




nice!(0)  コメント(0) 

日本酒「二上 晴湖」記念醸造について [絵画史]

「二上 晴湖案内チラシss.jpg
日本酒「二上 晴湖」のフライヤー

【日本酒「二上 晴湖」記念醸造】
                    
 
ラグビーワールドカップ開催地となる熊谷ラグビー場がある熊谷市​上川上(愛称、二上)の地に画室を構えた奥原晴湖の名を冠した日​本酒を醸造し、令和元年5月より販売開始となりました。記念醸造に向けての概要と経過等についての広報資料を次に示します。ご参​照ください。


記念販売品概要
1 販売酒名称「二上 晴湖」

2 販売量・価格 720ml中瓶 (1,500円 税込)
         180mlカップ(350円 税込)  ともに1000本限定醸造

3 販売形式 電話・FAXでの申し込み(別紙チラシ参照)
       晴湖の道保存会 会長 八木原敏夫 電話:FAX 048-522-4124

4 醸造所  権田酒造株式会社(熊谷市三ヶ尻)

5 ラベルデザイン 題字揮毫・絵画:奥原晴湖「柳桃花岸図、天香書屋図」(双幅):熊谷市立熊谷図書館蔵
デザイン・解説・監修:熊谷市立江南文化財センター・画家 山下祐樹
          フライヤー作成:株式会社オーケーデザイン
          コーディネート:熊谷学ラボラトリー

6 奥原晴湖の生涯
奥原晴湖(おくはら せいこ)1837- 1913
  天保8年(1837)、晴湖は古河藩士池田家の四女として生まれ​た。20代後半、綿密な構図に力強い線を用いる「東海書き」と呼​ばれる手法で、新進気鋭の女性南画家としての名声を高め、木戸孝​允ら政界人と親交を深めた。明治半ばには、旧古河藩領の上川上村​(二上)に移住し、画室「繍水草堂」を構えた。晩年の画風は、「​密画」と呼ばれる色彩豊かで細密な筆致が特徴。山水画や花鳥画を​描き、南画の新境地を目指した。大正2年(1913)に77 歳の生涯を閉じるまで、多くの作品を発表し続けた。

7 晴湖の道保存会 概要 
明治時代から大正時代にかけて活躍した女流画家の奥原晴湖が、熊​谷市上川上に画室を 構えた。その画室跡につながる道(晴湖の道)の再発見を契機に、​2013年より「晴湖の道保存会」として晴湖芸術・生涯の顕彰団​体として活動。

8 醸造販売までの経緯・企画
2018年4月に熊谷市上之の龍淵寺(晴湖の墓の所在地)にて晴​湖及び門下生の展覧会、講演会(「奥原晴湖の生涯と芸術―晴湖芸​術の変遷と「南画」の影響関係をめぐって―」熊谷市立江南文化財​センター 山下祐樹)を開催した(以下、YouTube参照)。この開催を機に「晴湖」の名を冠した日本​酒の醸造販売を晴湖の道保存会が企画、約1年間をかけて記念製造販売が​実現した。熊谷市教育委員会及び立正大学地球環境科学部・原美登​里研究室が企画調整に協力した。

9 問合せ先  
晴湖の道保存会 会長 八木原敏夫 電話:FAX 048-522-4124
奥原晴湖関連  熊谷市立江南文化財センター 電話048-536-5062






講演会「晴湖の生涯と芸術」【奥原晴湖一門書画研究会「龍淵寺」】


ギャラリートーク・鑑賞会【奥原晴湖一門書画研究会「龍淵寺」】


講演会「奥原晴湖の生涯と芸術」資料のスライドショー



nice!(0)  コメント(0) 

斎藤別当実盛公史跡探訪ツアー2019年版を「くまここ」に公開 [普及事業]


DA5938C4-8C83-49F4-80B5-5F5DAC65D662.jpeg
妻沼歴史探訪ツアー(重要文化財「貴惣門」)

くまここのリンク



 2019年4月20日(土曜)に開催した、斎藤実盛に関連する妻沼地域の史跡などを歩いて学ぶ妻沼歴史探訪ツアー。そのコースを熊谷市の観光・文化財ナビゲーションアプリ「くまここ」にアップしました。

 当日には、妻沼聖天山御本尊の御開扉に合わせて、前々回の御開扉を機に1978年(昭和53年)に策定された「斎藤別当実盛公史跡探訪遊歩道」の中から、妻沼地区に焦点を定め、実盛に関係した句碑や坂田医院旧診療所などを加えて、新たな探訪ツアーを設定し、ご案内しました。コースは、次の内容になります。

 コース:(スタート)重要文化財「歓喜院貴惣門」→実盛公彫刻像→芭蕉句碑「むざんやな兜の下のきりぎりす」→国登録有形文化財「歓喜院平和の塔」→国宝「歓喜院聖天堂」拝殿前→松本旭句碑「花満つる時しも実盛像拝す」→歓喜院本坊→井田記念館→国登録有形文化財「坂田医院旧診療所」→沢田本店→熊谷市指定文化財史跡「両宜塾跡」→大我井神社→貴惣門(ゴール)



nice!(1)  コメント(0) 

旅の記憶‐8  旅の記録―「道中記」から― [紀行]

L1690517s.jpg 妻沼日向の伊兵衛さんは見聞きしたものを詳細に記した「道中記」を残しています。文政十二年(1827)に行われた「道中記」の記録では伊勢参宮の後、長崎まで足を延ばしたことが記されています。さらに、天保年間には越中立山(芦峅(あしくら)寺)~越後の旅へ、明治初年には利根川船運を利用しての東京・横浜までの旅も記録しています。いづれの「道中記」にも立ち寄り箇所の説明や風景をスケッチしており、見て楽しくなる記録です。この「道中記」は―『名主伊兵衛絵入道中記』利根川歴史研究会編2010(土木史フォーラム第39号【PDF形式:1.94MB】)―として刊行されています。
 妻沼弁財の栄左衛門さんも、立山(富山県)から湯殿山(山形県)への旅日記「湯殿山立山道中記」(文政10年―1827)や伊勢―四国―出雲へ旅日記「道中袖日記」(天保11年―1840)を残しています。訪れた名所や行路などを詳細に記録しています。本書は熊谷市史編さん室より『近世道中記』熊谷市史資料集4-2017―刊行し頒布しています。

L1690519s.jpg
大嶋家文書の道中記(本巻収録文書)
nice!(1)  コメント(0) 

県政広報テレビ番組 「魅力まるごと いまドキッ!埼玉」 荻野吟子 [普及事業]


68E73585-6714-4BB1-9EC3-740BE1FDA492.jpeg
荻野吟子記念館での撮影風景

2019年6月22日午前8時30分~9時、テレ玉の埼玉県政広​報テレビ番組「魅力まるごと いまドキッ!埼玉」の特集の一つ、荻野吟子の映画化について放映​されます。
江南文化財センター職員が解説を担当し、映画のエキストラ出演者とし​ても紹介予定です。
どうぞご覧ください。

放送概要
テレ玉(地デジ3ch)
毎週土曜日 午前8時30分~9時
【次回の放送】6月22日(土曜日)

コーナー(2) 女性監督が撮る「荻野吟子」
埼玉県三大偉人の一人・荻野吟子。女性にとって医師への道が閉ざ​されていた時代に、数々の困難を克服して日本公許登録女性医師第​1号となった女性です。その一生を「一粒の麦 荻野吟子の生涯」と題して映画化する87歳の山田火砂子監督。撮​影の様子を交えながら、波乱に満ちた吟子の人生をご紹介します。​

公式ホームページ
県政広報テレビ番組 「魅力まるごと いまドキッ!埼玉」
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/tv/index.html




nice!(0)  コメント(0)