So-net無料ブログ作成

『青鮫は来ているのか―金子兜太俳句の構想と主題』の出版と句碑めぐり [句碑・歌碑]


image.jpg
『青鮫は来ているのか―金子兜太俳句の構想と主題』

image.jpg
常光院にある金子兜太句碑「たっぷりと鳴くやつもいる夕ひぐらし」


 俳人の金子兜太氏が逝去されて1年を迎えた2019年2​月20日に、山下祐樹『青鮫は来ているのか―金子兜太俳句の構想​と主題』(オーケーデザイン)が出版されました(著者は熊谷市立江南文化財センター職員)。
 本書の内容は、金子兜太氏が生涯にわたって詠んだ俳句のうち51​句を選定し、その俳句に対する金子兜太氏自らが記した解説を含め​ながら、それぞれの句について紹介しています。また、「金子兜太​論」としての考察に加えて、逝去される直前の2017年12月1​9日に金子氏の自邸「熊猫荘」で対談した内容も収録しています。​巻頭言は熊谷出身の作家・森村誠一氏から頂戴しました。
 題名の「青鮫」とは兜太氏の代表句「梅咲いて庭中に青鮫が来ている」に基づくもので、梅の咲く庭に青鮫が到来した想像から春の喜びを感じる一句です。
 本書はAmaz​onや県内書店などで販売しています。書籍に関する問合せは出版​元のオーケーデザイン(電話048-578-8816)までお願いします。

本書の出版を記念して著者と歩く
句碑めぐり「兜太俳句と熊谷の自然郷土」を開催します。
日時:2019年4月6日(土)午前10時〜11時
会場:「常光院」(熊谷市上中条1160)
概要:俳句寺「常光院」にある金子兜太句碑「たっぷりと鳴くやつ​もいる夕ひぐらし」や兜太氏が建立に関わった句碑、当院出身の俳​人・宇咲冬男の句碑を始め境内及び熊谷市指定有形文化財の「常光院本堂」を散策しながら、本書につ​いての解説を行います。







nice!(0)  コメント(0)