So-net無料ブログ作成
2019年01月| 2019年02月 |- ブログトップ
前の10件 | -

愛染堂縁日と愛染明王の公開について [建造物]

熊谷市下川上にある愛染堂の縁日が開催され、市指定有形民俗文化財「愛染明王」「藍染絵馬」の一般公開を行います。

image.jpg


開催概要
日時:平成31年2月24日(日)9時~15時(公開・縁日)
会場:宝乗院「愛染堂」・下川上自治会館(熊谷市下川上32付近)
日程:9:30~解説「愛染堂信仰の歴史」(熊谷市教育委員会 山下祐樹)
10:00~縁日開会 10:30~護摩祈願(11:00~、13:00~)
13:00~ハーモニカ演奏・紙芝居(紬の会)

アクセス
熊谷市ゆうゆうバス ムサシトミヨ号(熊谷駅南口発) 
:バス停「愛染堂前」下車すぐ
国際十王バス 犬塚行き(熊谷駅北口)
:下川上下車 徒歩8分
駐車場:愛染堂西側特設駐車場・星宮公民館

問合せ:048-522-0237(宝乗院「愛染堂」・実相院)
    090-5192-3481(縁日保存会・当日問合せ)




nice!(0)  コメント(0) 

講演会「エリザベス・ヴァイニングと棚澤慶治―天皇陛下の家庭教師と熊谷を代表する歌人の交流をめぐって―」 [普及事業]

imagess.jpeg
講演会の様子

image.jpeg
見地見学

 2019年2月18日に熊谷市成田公民館にて講演会「エリザベス・ヴァイニングと棚澤慶治―天皇陛下の家庭教師と熊谷を代表する歌人の交流をめぐって―」を開催し、約30名が参加しました。講演の様子はJ:COMのデイリーニュースで放映されました。また講演全体を収録しましたので、Youtubeにて公開しています。講演後、棚澤氏邸にあるヴァイニング記念歌碑の現地見学を行いました。本年はヴァイニング氏に学んだ今上天皇の年号「平成」最後の年であり、ヴァイニング氏が熊谷に訪れて70年に当たることから、熊谷における交流史を考える上でも貴重な機会になったと考えています。





nice!(0)  コメント(0) 

古代の熊谷に想いを馳せる 熊谷の歴史、暁の時代を知る【地域歴史講座 熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」】 [普及事業]




2018年12月26日に熊谷市スポーツ・文化村「くまぴあ」で開催した地域歴史講座「古代の熊谷に想いを馳せる 熊谷の歴史、暁の時代を知る」の様子をYoutubeの江南文化財センター・サイトにて公開しています。熊谷の原始時代から古代に至る歴史と関連した遺跡や出土品について紹介しています。どうぞご参照ください。




nice!(0)  コメント(0) 

講座「奈良地域の社寺と潜伏キリシタン伝説」 [普及事業]


image.jpg

熊谷市奈良地区の松寿会への講座を老人福祉センターの別府荘にて開催し、約30名が参加しました。テーマは「奈良地域の社寺と潜伏キリシタン伝説」についてお話をしました。茨城県古河市の郷土史家であった川島恂二氏の『関東地方の隠れキリシタン』などを参考に、なかなか知られていない潜伏キリシタン説に想いを馳せました。あなたかも寺子屋風の座学の機会となりました。






nice!(0)  コメント(0) 

熊谷青年会議所クールシェア版街なかゼミナールの初陣コンファレンス [普及事業]


image.jpg


最高気温41.1℃の日本一暑い街 熊谷市での、まちづくりとまちおこしを目指して事業を進める公益社団法人熊谷青年会議所社会づくり実践委員会。そのクールシェア版街なかゼミナールのスタートアップイベントである初陣コンファレンスが映画館のシネティアラにて開催されました。まだ夏までは少し時間がありますが、今年も江南文化財センター夏休み企画のあなたも古代人や、星溪園の楽しいお茶会・うちわ祭茶会など、文化財関連のイベントもクールシェアの一環として多くの方々の参加を呼びかけていきたいと思います。





nice!(0)  コメント(0) 

卒業記念・特別授業「郷土の野外博物館『万平公園』から始まる旅」PR動画 [普及事業]




熊谷市立桜木小学校6学年の卒業記念として、桜木小学校区に所在する「万平公園(まんぺいこうえん)」をテーマにした特別授業を下記のとおり開催致します。YouTubeにPR動画がアップされました。地域の歴史と深く関わる「万平公園」を学び、地元への愛着を育みながら、中学生への進学、さらには世界に羽ばたくことを祈念して、万平公園史跡研究会が企画しました。


日時 平成31年2月26日(火)3時間目(10:45~11:30)
会場 桜木小学校6年1組教室 
(桜木小学校:熊谷市桜木町2-3-1 澁谷利幸校長)
主催 万平公園史跡研究会
内容 「郷土の野外博物館『万平公園』から始まる旅」
   講師:山下祐樹(熊谷市教育委員会・熊谷市立江南文化財センター)
問合せ 研究会事務局:木藤正義(090-9978-9894)
               (Mail: manpei.shiseki@gmail.com)
    桜木小学校:電話048-523-1713

【万平公園概要】
万平公園(熊谷市万平町1-1):室町時代後期に発祥がある荒川土手の「熊谷堤」の原型を残す公園で、江戸時代から桜の名所として知られている。公園の名称は水防などの目的で熊谷堤に付随して造られた突堤「万平出し」に由来している。この万平出しは明治時代、中山道熊谷宿の本陣を担った竹井家の当主・竹井澹如が建立したことから、その幼名である「万平」から名付けられた。公園内には市指定文化財「竹井澹如翁碑」や旧名勝「熊谷堤」石碑、養蚕の歴史を伝える繭玉の形をした「蚕霊塔」などがある。現在、公園は市民の憩いの場所として愛好されているとともに、地域防災の拠点になっている。






nice!(0)  コメント(0) 

熊谷の名を冠した植物文化誌【歴史講座「サンシティ熊谷】 [花]



2018年12月20日にサンシティ熊谷で開講した「熊谷の名を冠した植物文化誌」の様子をYouTubeの江南文化財センター・サイトに掲載しました。現在、歌碑建立に向けて準備を進めている鹿児島寿蔵熊谷草歌碑のモチーフとなるクマガイソウや熊谷桜などについて、熊谷の歴史とともに説明しています。どうぞご参照ください。





nice!(0)  コメント(0) 

講演会「エリザベス・ヴァイニングと棚澤慶治―少年時代の明仁親王(今上天皇)の家庭教師と熊谷を代表する歌人の交流をめぐって―」 [句碑・歌碑]

講演会「エリザベス・ヴァイニングと棚澤慶治―少年時代の明仁親王(今上天皇)の家庭教師と熊谷を代表する歌人の交流をめぐって―」を2019年2月18日に熊谷市成田公民館で開催します。


image (4).jpeg
棚澤邸に建立された記念碑


4000.jpg
講演会案内と序説


講演・開催概要
日時:2019年2月18日(月)午後2時~午後3時
会場:熊谷市立成田公民館(熊谷市上之531-2)
講演:「エリザベス・ヴァイニングと棚澤慶治」     
-明仁親王の家庭教師と熊谷を代表する歌人の交流をめぐって-
熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹 
受講費:無料   定員:40名(当日受付、先着)
主 催:熊谷市教育委員会・成田地域史跡保存会・熊谷学ラボラトリー  
当日問合せ:成田公民館 電話048-523-0278 



概要
1949年(昭和24年)12月29日、少年時代の明仁親王(今上天皇)の家庭教師を務めていた
エリザベス・ヴァイニング氏(バイニング氏、ヴァイニング夫人とも表記)が、
熊谷市中西の歌人であり農家の棚澤慶治氏邸を訪れている。
これは日本の農家や習俗の状況を視察するためのもので、迎春の餅つき風景などを見学した。
この経験はヴァイニング氏の『皇太子の窓』にも詳しく記されている。
ヴァイニング氏は棚澤氏に「with best wishes and in memory to bright winter morning
at the Tanagawa farm Elizabeth Gray Vining」(晴れた冬の朝の棚澤家の思い出に)と
いう筆記録を残した。
この刻印と、棚澤氏が詠んだ「わが家に今年収穫れたる胡麻もちて帰国直前の夫人訪ひゆく」
などの短歌を刻んだ歌碑を1967年(昭和42年)に棚澤氏邸の庭に建立した。
本年はヴァイニング氏に学んだ今上天皇の年号「平成」最後の年であり、ヴァイニング氏が
熊谷に訪れて70年に当たることから、こうした熊谷での人物交流に着目するとともに、
棚澤氏が果たした地域文化の振興について考える機会としたい。


人物概要
エリザベス・ジャネット・グレイ・ヴァイニング
(Elizabeth Janet Gray Vining、1902年- 1999年)
アメリカ合衆国の司書・作家。
戦後しばらくの時期、当時皇太子であった少年時代の明仁親王(今上天皇)の家庭教師をしたことで知られる。
1902年、米国ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。
ジャーマンタウンフレンズ学校と後のブリンマーカレッジ(1923年のクラス)を卒業し、1925年に
ドレクセル大学で図書館学の学位を取得し、1926年には、ノースカロライナ大学チャペルヒル校で
司書となったほか、著作活動を続けた。終戦後の1945年にはアメリカ・フレンズ奉仕団広報部に勤務、
GHQによって皇太子明仁親王の家庭教師に選ばれ1946年10月に来日、
少年時代の皇太子と義宮(後の常陸宮正仁親王)らに1950年12月に帰国するまでの4年間、英語を教えた。
また、学習院大学や津田塾大学においても講義などを行なった。
1950年に勲三等宝冠章を受章。帰国後も陛下との交流は続き、1959年4月の陛下のご結婚式には、
ヴァイニング氏は外国人としてただ一人招待されている。
陛下への教育などについて描いた『皇太子の窓』はベストセラーとなり、各国語に翻訳され大きな反響を呼んだ。

棚澤慶治:(たなざわけいじ 1898-1996)
歌人。1898年(明治31年)、上之村(現・熊谷市中西)に生まれる。
1916年(大正5年)、俳誌『ホトトギス』で俳句発表した後、短歌に転じ、歌誌『アララギ』発表し
土屋文明(1890-1990:歌人・国文学者)に師事した。
1945年(昭和20年)、鹿児島寿蔵(1898-1982:アララギ派歌人・紙塑人形の人間国宝)の市内疎開を契機に
「新泉」同人となり、後に「潮汐」に合流する。
1954年(昭和29年)、熊谷市出身の文芸評論家の石坂養平を主宰とした「ときわ新聞」編集発行人となり、
1965年(昭和40年)に歌集『土のにほい』、『わが文学と生活』を出版。
熊谷を来訪した江戸時代後期の歌人・安藤野雁(1815-1867)の顕彰に務め、荒川土手に歌碑の建設を行った。
地元の上之村神社境内には自身の歌碑が建立されている。
1950年(昭和25年)、熊谷市文化功労者、1979年(昭和54年)、埼玉県第1回文化ともしび賞を受賞。
1996年(平成8年)、98歳で没した。




nice!(0)  コメント(0) 

埼玉県立熊谷図書館 資料展「Meet The World Music. ― 世界音楽旅行 ―」 [展示]


meet-the-world-music.png


埼玉県立熊谷図書館において資料展「Meet The World Music. ― 世界音楽旅行 ―」が開催されています。


開催概要
平成31年1月8日(火曜日)~2月21日(木曜日)
(図書館休館日を除く)

開催場所
埼玉県立熊谷図書館 2階ロビー



展示内容(同図書館ホームページより)
2019年「ラグビーワールドカップ」、2020年「東京オリンピック」、2025年「大阪万博」と国際的なイベントが日本で立て続けに行われます。外国の方の観光も増え、より世界の国々を意識する数年間になるのではないでしょうか。

今回の展示では民族音楽やクラシック、洋楽など世界中の音楽を幅広く集めてみました。世界の音楽の多様さを感じ、世界を知る「世界音楽旅行」に出かけてみませんか。皆様のご来場をお待ちしています。


詳細は同サイトをご参照ください。
https://www.lib.pref.saitama.jp/event/exhibit/exhibit/meet-the-world-music.html


nice!(0)  コメント(0) 

「イノシシ埴輪」  女塚古墳出土 [古墳時代]

 今年の干支はイノシシ、節分から立春を過ぎ、旧暦からすると本来の新しい年の始まりとなります。今年の干支「イノシシ」は「けもの」偏に「者」で表され、「けもの」偏はぶたを「者」は貯(チョ)に通じることから肉(シシ)をたくわえた豚の意とされ、日本では「猪」を意味するようになったとされます。
 イノシシは原始時代から多産の象徴と考えられ「山神の使い」とされ、縄文人たちはその姿を土偶に象っています。弥生人たちは「シカ」の姿も土器に描いています。そして、古墳時代人は両者の姿を埴輪に象っていますが、古墳時代のイノシシは狩られるものの姿で表現されることが多く矢を受けた姿のイノシシ像がみられます(群馬県)。神の交代、あるいは没落といった意識の変化がみられるとされ、このことは、アニメ映画「もののけ姫」に描かれた第二のテーマにも反映されているようです。
image001s.jpg
女塚古墳出土 イノシシ埴輪

 上掲の「イノシシ埴輪」は熊谷市中条地内の女塚古墳から発見されたものです。平板の鼻が特徴的に作られており、牙も備わった成獣です。頭部だけが確認されているので全形はわかりませんが、シカの埴輪も出土しており、狩りの場面を再現したようです。
群馬県高崎市の保渡田古墳群(古墳公園とかみつけの里資料館があります)の二子山古墳(前方後円墳)の近くから発見された埴輪群の中に、上唇を上方向に折り曲げた粘土板で表現した女塚古墳と類似するイノシシ埴輪があります(保渡田Ⅶ遺跡)。この埴輪は矢を受けた表現があり、狩人とされる人物埴輪の腰には、獲えた動物が付けられています。
 女塚古墳のイノシシ埴輪、シカ埴輪とも江南文化財センターで展示しています。会いに来てくれたらうれしイノシシカもとイノシシとシカが言っています。
image003s.jpg
イノシシ埴輪の口元アップ-女塚古墳
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
2019年01月|2019年02月 |- ブログトップ