So-net無料ブログ作成

埼玉県指定有形文化財(建造物)「諏訪神社本殿」の特別公開 [建造物]


image.jpg
「諏訪神社本殿」

埼玉県指定有形文化財(建造物)「諏訪神社本殿」を特別公開します。

 平成28年3月15日に埼玉県の文化財に指定された熊谷市上新田の「諏訪神社本殿」は通常覆い屋の中に所在しており非公開となっていますが、今後の保存に向けての機運を高めることを目的に、今回特別に公開します。現地では解説会とともに適宜、建築や彫刻について説明します。

日時 平成30年11月10日(土)9時~12時(正午)
会場 諏訪神社(熊谷市上新田227)
見学無料

解説会
11月10日10時~ 
解説会「諏訪神社本殿と歓喜院聖天堂」(熊谷市立江南文化財センター 山下祐樹)


「諏訪神社本殿」の概要

 「諏訪神社本殿」(熊谷市上新田227)は、当地の柴田信右衛門豊忠によって延享3年(1746) に創建されたと伝えられ、その後、嘉永5年(1852) に補修されました。創建時の棟札によると、「歓喜院聖天堂」の造営に深く関わった三ヶ尻村出身の内田清八郎が大工棟梁となり、上州花輪村出身の石原吟八郎が彫刻を担当しました。また、林兵庫正清が細工の意匠に関わるほか、彩色は聖天堂と同じく狩野派の絵師が施し、高い技術力を発揮しました。同時期に建立を進めていた妻沼聖天山の歓喜院聖天堂の工事中断の間にこの本殿が手掛けられたものと推察されます。檜皮葺(ひわだぶき)の屋根は信州松本城下の太田松右衛門などの技術に委ねられ、名工集団によって本殿の建立がなされたことが分かります。
 本殿の構造は、桁行1.47メートル、梁行(奥行)2.27メートルの欅造による一間社流造で、屋根の下には三角の形をした千鳥破風、軒の下には上部が丸く形作られる唐破風を付け、正面には屋根が張り出した向拝を設けています。現在、彩色の多くが薄れていますが、各所に施された人物や動植物の装飾彫刻から放たれる雰囲気が際立ち、実際の規模以上の風格を感じることができます。歴史を超えて保存されてきた本殿からは、渋さの中にも豊潤な芸術性が薫り立ち、江戸時代中期の熊谷地域が彫刻技術の最先端の地であったことを示す貴重な証しとなっています。



  
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。