So-net無料ブログ作成

中世石造物調査 [中世]

市史編さん事業に伴う今年度第14回目の中世石造物調査を行いました。

市立熊谷図書館が所蔵する板碑60点余りを調査しました。
なお、今回の調査の対象ではありませんでしたが、
熊谷図書館3階美術・郷土展示室には、10点以上の板碑が展示されています。

IMAGE000.jpg

所蔵資料の中には、縦152㎝、幅35㎝、厚さ6.0㎝の大型の板碑もあります。
(この資料は展示していません。)
上部には、連座の上に阿弥陀如来の種子であるキリーク、
下部には、光明真言と銘文が、ていねいに彫られています。

IMAGE001.jpg

銘文には、「藤原直行 法名行円(文保二年十二月十三日入滅)のおおんため、藤原氏母敬白、」とあります。
熊谷武士と想定される藤原直行という人物が、1318年に亡くなったため、
その母が、息子を供養するために造った板碑です。
熊谷の藤原姓を持つ武士というと、藤原四兄弟(成田、別府、玉井、奈良氏)が想い浮かびますが、はっきりとした人物比定はできていません。

武者の世に息子を失った母の悲しみが、非常に伝わる資料です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0