So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

石坂養平寿碑 [その他]

市内下奈良の集福寺境内に建てられている「石坂養平寿碑」を紹介します。
RIMG2656.jpg
本碑は、石坂養平の古稀祝記念に建立されたものです。当初市内宮前町に設置されていましたが、関連者の高齢化が進み管理が行き届かないことから、平成19年3月31日に石坂家の菩提寺である集福寺に移転しました。
碑文には、「寿碑 美わしき山河の国 優れたる民族の魂 われここに生を享けて無限の 愛を感じ
悦ばしき知識を護たり 芸術の甘美 哲学の玄妙 科学の真理 思想の自由 我が参入をほりにし
殿堂なりされどわれ 不敏にしてその門牆 を窺うにすぎざりき 
七十年のわが行履を顧るとき 一切は崩れ去って僅かに創造の 痕跡を止むるのみ、なさけ深き
かなわが友われを咎めず、われ を頌(たた)えて寿碑を恵みぬ。
昭和三十一年十一月 石坂養平書」
裏面には「昭和三十一年十一月二十六日建立 石坂養平先生寿碑建設委員会」と刻まれています。

石坂養平(1885-1969):日本の文芸評論家、政治家。衆議院議員、埼玉県議会議員。
埼玉県大里郡中奈良村(現在の熊谷市)に生まれる。幡羅尋常小学校、熊谷中学校を経て明治35年(1902)に第二高等学校に進学、明治39年(1906)に東京帝国大学理学部に進学したが中退、明治43年(1910)に同文科大学哲学科に再入学した。在学時から文芸評論家として活動を始め、「新自然主義の誕生」や「鈴木三重吉論」などの文学論を発表して中央文壇に認められた。
大正4年(1915)父の死にともない奈良村に帰郷し、地域の名士として奈良村農会長や同信用販売購買組合長、大里郡乾繭販売利用組合長や同農会長や同養蚕業組合連合会長などを歴任。その一方で評論活動を続け大正8年(1919)には「有島武郎論」を発表して作家の有島武郎との間で論戦を展開。また、熊谷地域で文芸雑誌『曙光』が出版された際には、その後援者になるなど地域青年の文化育成にも取り組んだ。
大正9年(1920)立憲政友会から埼玉県議会議員選挙に出馬し当選、昭和3年(1928)第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。さらに第19回から第21回まで連続当選を果たした。政界に進出する一方で実業界でも活動し、武州銀行監査役、熊谷製糸株式会社取締役、昭和18年(1943)からは埼玉銀行取締役などの要職を務めた。

芭蕉句碑(観清寺) [句碑・歌碑]

市内弥藤吾の観清寺に建てられている芭蕉句碑を紹介します。
RIMG1467.jpg
「雪といふ 物かあるそ 今年竹」
「はせを」(芭蕉)と刻まれていますが、本句は出典不明です。
建立:蒼海堂濤静
下部に地元俳人10人の句が刻まれています。昭和10年(1935)建立。

上川原神道香取流棒術「春の祭典」 [お知らせ]

熊谷市指定無形民俗文化財の上川原神道香取流棒術が下記の通り行われますのでお知らせします。
日時:平成29年4月9日(日) 午前10時~11時
場所:上川原自治会集会所(小島253-6)
主催:上川原神道香取流棒術保存会
上川原神道香取流棒術は、室町時代に盛んに行なわれていた棒術が、地区の相続人に伝承され、今日まで伝えられてきた貴重な無形民俗文化財です。毎年春夏年2回(4月第2日曜、7月第3日曜日)行なわれています。祭典に先立ち、当番が香取神宮に代参し集会所に仮宮を設け、祭壇の前で表十二手が披露されます。この機会にぜひご覧ください。
DSC01269.jpg



また、YouTube「棒術」を公開しています。

前中西遺跡出土瓶22 [瓶]

前中西遺跡出土瓶の紹介22回目。今回は「森乳業 牛乳瓶」です。
RIMG3963.jpg
体部に「MORI」「森乳業」「ウルトラプロセス」と印字されています。口径4.4cm、器高14.0cm、底径5.4cmの200cc瓶です。
この牛乳瓶がいつごろまで使用されていたのかについては不明ですが、昭和40年~50年代のものと推測されます。

ウルトラプロセス:森永乳業が昭和32年に採用した牛乳の超高温殺菌法で、130度で2秒殺菌し、長期保存を可能とした。
森乳業:明治20年に創業者・森脩が森牛乳店を忍町(現在の行田市)に設立したことに始まる。昭和32年には、 森牛乳店が森乳業株式会社と改組し、平成4年には森乳業の統一ブランドとして『WATABOKU・わたぼく』ブランドが誕生。平成9年には創業110周年を迎えた、牛乳、加工乳、乳飲料、清涼飲料などの製造販売および受託製造を行う県北の老舗企業。


元荒川管理起点標石 [その他]

埼玉県により設置された川の管理起点標石の紹介4回目。今回は、市内久下の元荒川管理起点標石です。
motoarakawa.jpg
表には「一級河川元荒川 起点」と刻まれています。花崗岩製。
この起点標石は、県道257号冑山熊谷線と元荒川通が交差する地点から北へ70m程の、久下と佐谷田の境を流れる元荒川脇に立てられています。

元荒川:埼玉県を流れる利根川水系で中川支流の一級河川。荒川と利根川が合流していた時代の荒川の本流。埼玉県熊谷市久下にある熊谷市ムサシトミヨ保護センター内に源を発し、河川延長60.7km、流域面積208.9㎢。ムサシトミヨの生息が確認されている唯一の河川であり、ムサシトミヨ生息域(上流)が1991年3月15日に埼玉県指定天然記念物に選定され、2008年には、環境省から「平成の名水百選」に選定。

きかは便郵111 [きかは便郵]

熊谷地域の昔の絵葉書紹介111回目。今回は熊谷町大門に建てられていた老舗の田島屋旅館です。
tajimayaryokan.jpg
新築落成記念につくられたイラスト絵葉書です。木造3階建て、瓦葺の建物で、玄関脇には大きな春日灯篭が建てられており、クラシックな黒塗りの車が停車しています。玄関には「旅館田島屋」の看板が下げられており、屋根の軒下隅には風鐸が下げられており、格式の高い旅館であったことがうかがえます。
通信欄には、昭和5年9月28日の消印が押されており、1銭5厘の切手が貼られています。

本旅館は、昭和20年の熊谷空襲で焼失したものと思われます。
熊谷にはこの他の旅館としては、本町三丁目に「松坂屋旅館」「布施田旅館」、本町に「今井旅館」「清水旅館」がありました。

宮下遺跡発掘調査25 [発掘調査]

宮下遺跡の発掘調査の紹介25回目。
発掘調査は、倉庫部分の調査を終了し、現在侵入道路箇所の調査を行っています。調査の終了した箇所は、鉄骨組の大きな建物が立ち上がってきています。
RIMG4072.jpg
前回紹介した、カーブする溝が掘り上がっています。
RIMG4071.jpg
断面箱薬研を呈する溝の肩の部分にピットが不規則に並ぶことが確認されています。出土遺物は少ないですが、13~14世紀にかけての陶磁器片や、鉄鍋の一部が出土しています。
この溝は、形状から考えると、やはり何らかの大規模な柵列を伴う区画施設と推測されます。

関根山草句碑 [句碑・歌碑]

市内中奈良の常楽寺境内に建てられている関根山草の句碑を紹介します。
RIMG4013.jpg
「寒月や 五合ばかりの 米をとぐ」と刻まれています。
関根山草は、明治・大正期の僧。常楽寺十八世石嶺老師に訓育を受け、大正7年東京亀有の見性寺住職となる。俳句を好み、中山稲青に師事し、大正15年頃より俳誌「睡蓮」を主催した。この句は、関根山草が常楽寺に在りし頃の句。昭和35年建立。常楽寺住職重道による誌。句の書は関根山草。

中山稲青(1880-1945):俳人。本名健三郎。埼玉県生。農業に従事する。俳句ははじめ大野洒竹(1872-1913)「糸の翠風会」に属し、のち日本派に転じ正岡子規(1867-1902)の指導を受ける。明治35年俳誌『アラレ』を創刊し9年間存続した。『アラレ』廃刊後、『睡蓮』『無花果』『善』等を主宰する。

秉燭(ひょうそく) [近世]

市内の小江川地内で千本桜事業を行っている方から、桜の植樹の際に出てきたと、秉燭を江南文化財センターへ持参されましたので紹介します。
RIMG4057.jpg
秉燭とは、鉢状の容器(油皿)に灯心を受ける突起(臍:ほぞ)を設けた近世の燈火具の一つです。油皿に油を入れ、中央の臍(ほぞ)に灯心を立てて点火します。本資料は、口縁部・臍および油皿の一部を欠損しています。瀬戸・美濃産で18世紀につくられたのものと思われます。
この秉燭の出土した場所は、以前紹介した旧聖観寺にあたります。この聖観寺の開基は不明ですが、江戸時代の文化・文政期(1804~1829)に編まれた武蔵国の地誌『新編武蔵風土記稿』には、「聖観寺 天台宗今市村高蔵寺末小久保山大悲院ト號ス 本尊観音ヲ安ス」と記されており、明治期の廃仏毀釈により廃寺となった寺院です。詳細は不明な寺院ですが、今回紹介する資料は18世紀に属するものであることから、聖観寺で燈明具として使用されていたものかもしれません。

秉燭を用いた四字熟語に「秉燭夜遊」があります。これは、燭(ショク)を秉(と)りて夜(よる)遊(あそ)ぶ】と訓読みされて、人生は短いのだから、夜も明かりを燈して遊ぼうとの意です。

古代中国の詩人李白は、『春夜桃李園に宴するの序』で「秉燭夜遊」を詠んでいます。
夫天地者萬物之逆旅:夫れ天地は萬物の逆旅にして(それ天地はあらゆるものを迎え入れる旅の宿)
光陰者百代之過客:光陰は百代の過客なり(時間の流れは、永遠の旅人のようなものである)
而浮生若夢:而して浮生は夢の若し(しかし人生は、夢のように過ぎ去っていく)
爲歡幾何:歡を爲すこと幾何ぞ(楽しいことも、長くは続かない)
古人秉燭夜遊:古人燭を秉りて夜遊ぶ(昔の人が燭に火を灯して夜中まで遊んだのは)
良有以也:良に以有る也(実に理由があることだ)
ちなみに本詩は、芭蕉『奥の細道』の冒頭の「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」の原典とされています。

石坂先生文章碑 [その他]

市内中奈良の常楽寺に建てられている「石坂先生文章碑」を紹介します。
RIMG3991.jpg
本碑は、昭和12年4月に埼玉県曙光会により建てられたもので、碑影には同会顧問山口正八撰・誌による文章が刻まれています。
「人生への愛は孤独より生る」という石坂養平の結びの言葉が有名な碑です。
碑文には「今日の青年はどうしても政治、経済、社会の方面に研鑽努力の歩を進めなければならぬが、それと同時に思索を愛し内省に励みて厳粛なる人生の真味に徹する沈潜の心を養はなければならぬ。それは人生にのみ還れと云ふのではない。社会の表面に表出すると同時に人生の妙機に参ずることを忘却するなといふ意味だ。私は過日南信旅行の際舟航二十余里の天竜川下りをやったが、南画の武稜桃源図に見るような幾多の光景を目撃した。そして、古来深山大沢から偉人の出た所以を深く考へずにいられなかった。我々現代人は一面ラジオを聴きキネマを観て文化の恵沢を充分利用すると共に、他面静寂なる原始生活に還り、天籟地響を通じて人生の奥龕に参ずる多くの機会を把握すべきではないか。多くの公共団体や政治団体に参加して社会の騒音裡に生息する私は常に孤独静寂を愛する。今夏或る講演の冒頭に於て孤独であることをいくらか好むやうでなければ新しい思想は得られるものではないといふバートランドラッセルの言葉を引用したことがある。良寛和尚が、世の中にまじらぬとにあらねどもひとりあそびわれはまされると、歌ったのはひとしく人生に徹する厳粛な孤独への愛の心境を道破したものではないか。省察思索内観沈潜すべてかうした人生の真趣に参ずべき行程は孤独に静寂に対する熱意をもってはじまる。人生への愛は孤独より生る」と刻まれています。

石坂養平(1885-1969):文芸評論家、政治家。衆議院議員、埼玉県議会議員。
埼玉県大里郡中奈良村(現在の熊谷市)に生まれる。幡羅尋常小学校、熊谷中学校を経て明治35年(1902)に第二高等学校に進学、明治39年(1906)に東京帝国大学理学部に進学したが中退、明治43年(1910)に同文科大学哲学科に再入学した。在学時から文芸評論家として活動を始め、「新自然主義の誕生」や「鈴木三重吉論」などの文学論を発表して中央文壇に認められた。
大正4年(1915)父の死にともない奈良村に帰郷し、地域の名士として奈良村農会長や同信用販売購買組合長、大里郡乾繭販売利用組合長や同農会長や同養蚕業組合連合会長などを歴任。その一方で評論活動を続け大正8年(1919)には「有島武郎論」を発表して作家の有島武郎との間で論戦を展開。また、熊谷地域で文芸雑誌『曙光』が出版された際には、その後援者になるなど地域青年の文化育成にも取り組んだ。
大正9年(1920)立憲政友会から埼玉県議会議員選挙に出馬し当選、昭和3年(1928)第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。さらに第19回から第21回まで連続当選を果たした。政界に進出する一方で実業界でも活動し、武州銀行監査役、熊谷製糸株式会社取締役、昭和18年(1943)からは埼玉銀行取締役などの要職を務めた。

山口平八(1899-1976):文化運動家。深谷町生まれ。日本ユネスコ協会連盟中央委員、県ユネスコ連盟長、県文化財専門調査委員、県文化団体連合会副会長、北武蔵文化連盟理事長等を歴任。地域の文化活動の推進に貢献した。

前の10件 | -