So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

埼玉県指定旧跡「吉田市右衛門墓」 [近世]

市内奈良の集福寺に所在する埼玉県指定旧跡「吉田市右衛門墓」の中の吉田宗敬(1739-1813:2代目)の墓を紹介します。
RIMG2987.jpg
墓石には、「徳翁宗淳居士墓」と戒名が刻まれ、周囲を双龍、青海波文の中に岩島の装飾が施されています。
RIMG2988.jpg
墓石の後ろには、文政2年(1820)宗敬の7回忌に際し、子の吉田宗敏((1783-1844:3代目)が宗敬の業績を記した碑が建てられています。撰:成島司直 書并篆額:賜布狩衣・男谷思考。 石工は、江戸の名工「窪世祥」。
RIMG2982.jpg

成島司直(1778-1862):江戸後期の幕府奥儒者。号は東岳。 文化6年より「徳川実紀」の編修を担当し、天保12年諸大夫図書頭、天保14年理由は不明であるが免職謹慎となった。著作に「東の春」「改正三河後風土記」「琉球録話」など。
男谷思考(1777-1840):江戸時代後期の儒者。寛政12年表右筆となる。「寛政重修諸家譜」「藩翰続譜」の編修、韓聘書簡の写字などにあたる。文化10年から代官として信濃、越後に赴任。のち小十人頭を務めた。

熊谷観光・文化財ナビUpdate [お知らせ]

スマートフォン、タブレット端末用アプリ「熊谷観光・文化財ナビ」をUpdateしましたのでお知らせします。
kokokumasin.jpgポスター
Update内容
1.名称を「くまここ」に変更しました。
2.アプリトップ画面・アイコンのデザインを変更しました。
top.jpgアプリトップ画面
3.新機能として、歩数計、熊谷デジタルミュージアムへのリンクボタン、写真フレーム機能を追加しました。
写真フレームは、アプリを起動後カメラ機能を使って、写真フレームの入った記念写真が撮影できる機能です。熊谷を訪れた記念写真を撮影し、SNS等にアップしてご活用ください。
fure-mu.jpg写真フレーム
既にアプリをご利用している方は、本日よりUpdateしてご利用いただけます。
未だアプリをダウンロードしていない方はこちらの説明をお読みいただき、AppStoreまたはGoogleplayで「くまここ」をダウンロードしてご利用ください。

吉岡村道路元標 [その他]

市内吉岡地区に所在する、旧吉岡村の道路元標を紹介します。
yosioka1.jpg
県道173号線(玉川熊谷線)の、JAくまがや吉岡支店と側溝に挟まれた地点に設置されています。2/3程埋まった状態で、かろうじて「吉岡」の文字が確認できます。石質は、花崗岩。
吉岡村は、明治22年(1889)に、村岡村・万吉村・平塚新田村と合併して誕生したもので、昭和30年(1955)に熊谷市と合併し、現在に至っています。
yosioka2.jpg
道路元標とは、道路の起終点を示す標識で、明治44年(1911)に、現在の日本橋が架けられたとき「東京市道路元標」が設置され、大正8年(1919)の旧道路法では各市町村に一個ずつ道路元標を設置することとされていました。

中曽根橋石橋供養塔 [近世]

市内中曽根の、通殿川に架かる中曽根橋右岸に建てられている石橋供養塔を紹介します。
RIMG1509burogu.jpg
寛政10年(1798)9月建立。正面に「馬頭観音」の文字を刻み、石橋供養と馬頭観音を兼ねているものです。右側面に、中曽根村 施主名と世話人名、左側面には近隣26村名が刻まれています。
RIMG1511burogu.jpg左側面

斎藤紫石句碑 [句碑・歌碑]

市内鎌倉町の熊谷市指定名勝「星渓園」に建てられている斎藤紫石の句碑を紹介します。
siseki.jpg
「老いらくの 苔に花咲く 心地かな 紫石」 と刻まれています。昭和34年5月斎藤紫石後援会建立。

斎藤紫石(1885-1964)熊谷市鎌倉町に生まれる。本名茂八。大正10年熊谷町長に当選して以降、県議会議員を歴任し、昭和14年新市制の熊谷市長となる。俳句に親しみ、紫石と号し俳誌「鮎」の刊行を行う。政界引退後、市内石原に「紫石巣」と称する寓居を構え、独自の俳句を探求するため幽居生活を送る。昭和33年熊谷市第1号名誉市民。

きかは便郵100 [きかは便郵]

昔の熊谷地域の絵葉書紹介100回目。今回は「踊る埴輪」です。
odoruhaniwa.jpg
石膏を入れて復元された「踊る埴輪」が1対写っています。
写真下には「踊る男女 武蔵国大里郡小原村発掘 3-乙」と印字されています。

この絵葉書の畳紙には「昭和五年十月十六日 埴輪特別展覧会絵葉書 乙 (五枚一組) 帝室博物館発行」と印字されています。
tatamigami.jpg
「踊る埴輪」が、熊谷市野原古墳から畑の開墾中に発見されたのが昭和5年3月21日とされており、その後、一緒に出土した埴輪、勾玉、鉄鏃などと共に帝室博物館が購入し、半年後には一般公開が行われたことになります。「踊る埴輪」の写真を見ると、石膏で復元されてはいますが、着色はなされていません。この特別展覧会が、「踊る埴輪」の初めての一般公開であり、この絵葉書が「踊る埴輪」の絵葉書として最も古い写真と思われます。
他の4枚の絵葉書は「農夫の二人 上野国佐波郡■■村■■内出土」「奏楽の男 上野国佐波郡剛志村発掘」「高坏■圍 上野国佐波郡赤堀村今■発掘」「犬 常陸国筑波郡小野川村発掘 上野国佐波郡剛志村発掘」です。

「踊る埴輪」は、平成12年度に東京国立博物館のご配慮によりレプリカを作成し、現在熊谷市立江南文化財センターにて公開しています。その時のレプリカ作成の様子はこちらで公開していますのでご覧ください。
↓はその時作成したレプリカと実物を並べて撮影したものです。
p3091835.jpg

参考:水口由紀子「いわゆる「踊る埴輪」の戦前の絵葉書から」『埼玉県立史跡の博物館紀要』第8号 2014

初雪 [その他]

関東地方初雪。
RIMG3075.jpg
未だ紅葉の残る、国登録有形文化財に指定された妻沼歓喜院の「平和の塔」も雪景色です。

妻沼町道路元標 [その他]

市内妻沼地区に所在する、旧妻沼町の道路元標を紹介します。
道路元標とは、道路の起終点を示す標識で、明治44年(1911)に、現在の日本橋が架けられたとき「東京市道路元標」が設置され、大正8年(1919)の旧道路法では各市町村に一個ずつ道路元標を設置することとされていました。
花崗岩製で、「緑道」と呼ばれる旧東武熊谷線線路敷に建設された道路脇の遊歩道に設置されています。
妻沼町は、明治22年(1889)、町村制の施行により妻沼村が誕生し、大正2年(1913)に弥藤吾村と合併し妻沼町となりました。昭和30年(1955)には、長井村・秦村・男沼村・太田村を編入、平成17年(2005)に熊谷市、大里町と合併、新熊谷市となっています。
menumamura.jpg

樋の上遺跡最新出土遺物展 [展示]

 本日から、熊谷市立熊谷図書館3階、郷土資料展示室において開催されます。
 市内三ヶ尻にある樋の上遺跡の発掘調査は、平成26年度に、幹線第3号線の道路整備に伴い拡幅部分について実施しましたが、翌年度末に報告書が刊行されましたので、その成果について展示しています。
 調査では、主に7世紀末~10世紀初頭の集落跡が確認されましたが、そのうちの竪穴建物跡から出土した遺物を中心に展示しています。
中には、この集落の特異性を示すと推定される風字硯(すずり)や灰釉陶器もあります。
 是非この機会に御覧いただき、古代の生活に思いを馳せていただければ幸いです。
IMG_3070.JPG
会場:熊谷市立熊谷図書館、郷土資料展示室
住所:熊谷市桜木町2-33-2
会期:平成29年4月30日(日)まで
電話:048-525-9463
問合せ:熊谷市立江南文化財センター
電話:048-536-5062

ちなみに、これまで展示していた、池ノ上遺跡出土遺物は、江南文化財センターで再展示していますので、あわせてご覧ください。4月28日(金)まで。




妻沼聖天山:国登録有形文化財5 [建造物]

妻沼聖天山の国登録有形文化財の紹介5回目。
8.歓喜院閼伽井堂(かんぎいんあかいどう)
akaidou.jpg
構   造:木造平屋建 銅板葺
建設年代:江戸後期
内   容:神仏に供える水の「閼伽水」を汲んだ井戸であることから「閼伽井」と呼ばれており、吊るべ井戸が中心にあったが現在は使用されていません。修行僧の水行場として使われていたこともあり、井戸の奥には水天宮が祀られ、神輿が納められています。平成15年に屋根の葺き替え工事が実施され銅葺きとなっています。
入母屋造りの銅葺き屋根が特徴で、流線型の屋根を内側の垂木が支えており、側面上部の横柱には精緻な彫刻が施されています。施された彫刻については、彩色等が無く、小規模ながら柱組などの構造が重厚に造られています。南北の妻虹梁には細密な花の文様などの彫りが加えられ、木鼻や内法長押には彫刻が施されています。南東側、北東側の木鼻には籠彫彫刻が施され、躍動感のある龍を表現しています。垂木は二層となり、屋根を支え、地垂木の下方に精密な彫刻がはめ込まれています。格天井には均一感のある格子が組み込まれています。

9.歓喜院御水屋(かんぎいんおみずや)
mizuiya.jpg
構   造:木造 瓦葺 3.37㎡
建設年代:明治時代後期
内   容:瓦葺の入母屋造の構造を四本の柱で支え、垂木及び地垂木が瓦屋根を支えています。柱の四方は削られ整形した跡が残り、側面には文様の彫りが垣間見えますが、その多くが磨耗しています。木鼻や蟇股の彫刻も簡素に留めつつも、植物などの彫刻が彫られています。彩色は施されていませんが、東西脇の蟇股彫刻の花の彫りは温和な印象を与えます。南側の蟇股は獅子を模して彫られ、重々しさを加えています。木鼻は前後左右の上部に置かれており、力強い彫りとなっており、妻虹梁にも軽微な彫りが加えられ、御水屋全体の構造を支えています。
前の10件 | -