So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

熊谷空襲の語りべの会と星川とうろう流し [普及事業]

 終戦直前の昭和20年8月14日深夜から15日未明にかけて起きた悲劇。熊谷空襲により奪われた尊い命。毎年8月16日に戦災慰霊の祈りを込めて、多くの人が命を落とした星川でとうろう流しが開催されています。本年はとうろう流しを前に、熊谷青年会議所の主催により、星川の源流であった星溪園で熊谷空襲の語りべの会が開かれました。

 会には石山美江子さん(84)、飯田ヒサさん(89)、青木ユリ子さん(81)、清水昭治さん(77)が参加し、熊谷空襲の体験談や平和への思いを語らいました。石山さんからは実体験に基づき空襲後の人々の生活がいかに大変だったか、飯田さんからは身近な被害から向き合った空襲の悲劇について発言がありました。
 青木さんは戦後が遠ざかり空襲を次世代へと語り継ぐ必要性を話しました。清水さんは「戦争は人々や家族を容易に傷つける。将来に渡って戦争を否定し平和を愛する国であって欲しい」と語りました。多くの小中学生も参加し、星溪園で平和に考える貴重な時間となりました。会の後のとうろう流しでは、小雨降り続く中、平和の祈りを込めて多くのとうろうが水面に放されました。


20915202_1421633551248082_3405520542268734875_n.jpg
北村西望「戦災者慰霊の女神像」

20841166_1421634917914612_3112982267204493728_n.jpg
毎年7月16日に星川で開催されている「とうろう流し」。本年は小雨降り続く中での開催となった。

image (22).jpeg
熊谷空襲の語り部の会。参加者が熊谷空襲の体験談などについて語った。





nice!(0)  コメント(0) 

諏訪木遺跡発掘調査 3-6 [発掘調査]

 お盆も終わり、今後の発掘現場は残暑と台風に苦しめられる時期へと移っていきます。
そんな中、発掘現場はまれに見る長雨により調査場所が分からないほどに冠水しております。
これ以上の降雨が続くと隣接する道路へ影響することから、一時的に排水作業を実施しました。
DSC_3323.jpg

DSC_3326.jpg
8時間排水後、ようやく発掘場所が確認できました。
現在も継続して、排水作業を実施しておりますが、今週日曜日まで雨降りの天気予報であることから、調査に多大な支障をきたしております。まさに現場泣かせの天気となっています。
天気にもよりますが、現在実施している場所は、何とかして9月中ごろまでに終了させる予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

成田氏史跡保存会創立5周年記念学習会「成田氏と地域の歴史発見」の開催 [中世]

E68890E794B0E999A3E7A5291291.jpg
熊谷市指定史跡「成田氏館跡」


 平成24年(2012)10月、熊谷市上之地区の堀之内自治会を中心に、同地域に館跡が所在する成田氏を顕彰し、館跡周辺の環境保全を進めようと「成田氏史跡保存会」が発足し、本年で5周年となります。成田氏館跡を始めとした成田氏関連の文化遺産の保存及び啓発、成田地区の地域コミュニティづくりを促進させるための更なる事業推進を目指して、5周年を記念した学習会を開催します。

 成田氏は平安時代中期ごろから武州に居を構えていたとされる武将であり、室町時代の延徳3年(1491)に忍城(現在の行田市)に居を移す前は、現在の熊谷市上之地区に館を構えていました。近隣にある龍淵寺(りゅうえんじ)には成田氏歴代の墓がある(市指定史跡「成田氏墓」)。戦国時代末期に起きた忍城周辺での成田軍と石田三成軍との攻防が映画「のぼうの城」で描かれ、多くの関心を集めました。


日時:平成29年8月20日(日) 11時00分から12時00分
会場:熊谷市成田公民館(熊谷市上之531-2)ホール
テーマ:「成田氏と地域の歴史発見」
    趣旨説明:成田氏史跡保存会会長 棚澤栄
    講師:熊谷市教育委員会社会教育課(江南文化財センター) 山下祐樹
定員:50名
主催:成田氏史跡保存会 協力:熊谷市教育委員会
入場無料・当日受付(予約不要)
問合せ 成田氏史跡保存会 棚澤 048-527-5366




nice!(0)  コメント(0) 

カミナリとアート 光/電気/神さま (群馬県立館林美術館 企画展示) [普及事業]

kaminari_w600.jpg


 上州と北武蔵には雷が轟く。このような言葉を耳にすることがありますが、熊谷を含めた埼玉県北部や、赤城山山麓から東毛へ至る群馬県の広い地域は夏の雷が多いことで知られています。夏の熊谷はかつて国内最高気温を観測したことからも高い気温の地域として有名ですが、昨今では群馬県の舘林も同じく高温を観測するなど、利根川をはさんだ両地域が比較されることも増えています。夏の暑さと夕暮れ時の雷という気象の特色を併せ持った両地域は、赤城山から吹きつける冬の空っ風とともに、「雷文化圏」を構成していると表現してもよいのかも知れません。こうした中、群馬県立館林美術館では「雷」をテーマにした美術作品の展覧会が開催されています。

 展示内容は、第一章では稲妻など雷による現象をあらわした絵画や雷を撮影した写真、第二章では雷神像をはじめとする信仰から生まれた作品や雷を擬人化した作品、そして第三章では雷にともなう現象から連想して、音、光、電気などを表現した現代美術作品などによって構成されています。
 「雷」というテーマから、日本画、洋画、彫刻、工芸、写真、映像、インスタレーションなど、幅広い美術作品を鑑賞できる機会となっています。ラウル・デュフィや河鍋暁斎、狩野派の系譜にあり埼玉ともつながりが深い橋本雅邦などの作品が展示されています。


企画展示
カミナリとアート 光/電気/神さま
2017年7月15日(土)~9月3日(日)
観覧料:一般610(480円)、大高生300(240円)
休館日 毎週月曜日

会場:群馬県館林市日向町2003 
tel.0276-72-8188 fax.0276-72-8338 


展覧会ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/exnow.html







nice!(0)  コメント(0) 

熊谷うちわ祭の特集番組「日本の祭り2017」が放映されます。 [民俗]


mainuchiwa2h.jpg

magokoro.png


「日本の祭り2017」にて、熊谷うちわ祭が特集されます!

テレビ埼玉が1年間にわたり密着取材した、
ヒューマンドキュメンタリー番組が放映されます。
ぜひ、関東一の祇園である熊谷うちわ祭(熊谷市指定無形民俗文化財「熊谷八坂神社祭礼行事」)の記録映像作品ご覧ください。

「日本の祭り2017」公式ホームページ「熊谷うちわ祭」
http://www.dydo-matsuri.com/list/kumagaya/



 ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区)では、2017年に全国各地で行われる祭りの中から34の祭りを選び、各地の民間放送局による1時間の特別テレビ番組を制作し、単独提供する「ダイドードリンコスペシャル日本の祭り」を実施しています。
 「ダイドードリンコスペシャル日本の祭り」は、社名の由来でもある"Dynamic Do(ダイナミックに活動する)" のテーマや企業特色が日本の祭りの心と合致することから、2003年にスタートした祭りを特集する番組です。全国各地で大切に受け継がれている祭りを通じ、地域の絆作りや活性化に役立ちたいとの考えから事業が展開されています。迫力ある祭りの風景をはじめ、厳かな神事の一場面、各祭礼関係者のドキュメンタリー、本年年番町「筑波区」大総代や祭礼関係者、祭礼研究者などのインタビューを織り込みながら、祭りの映像記録作品ともいえる内容です。


テレビ埼玉(テレ玉)での放映日 
平成29年8月20日(日曜日)
19時から19時55分まで



nice!(0)  コメント(0) 

インバーカーギル市国際視察団による「絵馬展」見学 [普及事業]

熊谷市の姉妹都市、ニュージーランドのインバーカーギル市の国際視察団と国際交流協会の皆さんが「妻沼聖天山の絵馬展」を見学し、展示内容について英語で解説しました。聖天山の歴史を始め、絵馬や奉納額、特に額縁の彫刻に興味を持っていただいたようでした。ラグビーワールドカップや東京オリンピックなど国際イベントの開催を前に、文化財の分野でも外国人観光客などの受け入れに向けて準備をしていく必要性を改めて感じました。


IMG_1193gg.jpg
奉納額の説明。四方を囲む彫刻に関心を持たれていた。

IMG_1204kk.jpg
本展示最大の奉納額「武芸」の説明。武術先覚者の顕彰額としての意味合いが強い。

IMG_1227kk.jpg
絵馬展見学の記念撮影






nice!(0)  コメント(0) 

演奏会「祈りの響き」 [普及事業]




妻沼聖天山本殿「歓喜院聖天堂」国宝指定5周年記念
特別展「妻沼聖天山の絵馬展」特別観覧会での演奏会の様子を
熊谷デジタルミュージアムの動画室と共有するYouTubeにアップしましたので、ご覧ください。


演目・内容

演奏会「祈りの響き」
(ピアノ 石井陽子 ヴァイオリン後藤典子)

平成29年7月29日(土)
妻沼展示館大展示室

曲目(演奏順)

ヨハン・パッヘルベル
 「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」
   第1曲「パッヘルベルのカノン」

フランツ・シューベルト「楽興の時」D780

バッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調」BWV1005 第3曲「ラルゴ」

シャルル・グノー「グノーのアヴェ・マリア」

浜辺の歌 作曲:成田為三(作詞:林古渓)

夏は来ぬ 作曲:小山作之助(作詞:佐々木信綱)





nice!(1)  コメント(0) 

彩の国きずなウォーク2017 「平山家住宅」の見学 [普及事業]

100kmの道のりを5日間かけて歩く、彩の国きずなウォーク2017。8月3日、その日の中継点として重要文化財「平山家住宅」を見学。参加している100名以上の子どもたちに建物の説明をしました。FMこうのすフラワーラジオ(FM76.7)も同行し、「こうのすフラワータイム」という番組で生中継。夏休みの雰囲気漂うイベントでした。その後、同日は江南南小へと向かい宿泊し、5日間の行程を経て無事に完歩したそうです。


image (21).jpeg
重要文化財「平山家住宅」を見学。30度を超える外気温の中、内部は涼しいという声が聞かれた。


IMG_1188hh.jpg
彩の国きずなウォーク2017での歩く列。平山家住宅の後に江南南小学校へと向かった。





nice!(0)  コメント(0) 

本と美術の展覧会 [普及事業]

etokotoba-A4-1-1-001.jpg

利根川をはさんだ隣り街である群馬県太田市。太田市の美術館と図書館の複合施設である太田市美術館・図書館では、本と美術の多様なかかわりをテーマとして継続的に実施する<本と美術の展覧会>第一弾として次の内容の展覧会が開催されます。

初回は、重点的に収集している絵本・児童書をメインとして、絵本原画を出発点に、絵と言葉の想像力=創造力をめぐる展覧会をコンセプトとしています。

名称    
:本と美術の展覧会vol.1「絵と言葉のまじわりが物語のはじまり~絵本原画からそうぞうの森へ~」
会場    :太田市美術館・図書館 展示室1・2・3・スロープ他
会期    :2017年8月4日(金)~10月22日(日)
休館日   :月曜日(ただし、9月18日と10月9日は祝日のため開館し、翌日火曜日休館)
観覧料   :一般500(400)円、学生および65歳以上400円、中学生以下無料
      ※( )内は20名以上の団体及び太田市美術館・図書館カード、
おおた家庭の日(第1日曜日)は中学生以下の子ども同伴の家族無料。
主催    :太田市、一般財団法人太田市文化スポーツ振興財団


諏訪木遺跡発掘調査 3-5 [発掘調査]

上之地内で行っている発掘調査の続報です。
梅雨の時期も過ぎ、夏本番の様相の頃となって参りましたが、夕立の影響で現場は常に水浸しになり、毎日が水かきから始めるのが日課になりつつあります。

それでも調査は順調に進んでおり、各遺構の掘り下げが進んでおります。
この調査箇所のメインとなる遺構は近くを流れる衣川の旧支流と考えられる河川跡で、その河川跡から水を引き込むために掘られた溝跡が確認できます。
それらの接続部分では木堰を設けた跡が確認できます。
DSCF6222.jpg
各遺構の時期については弥生時代中期から近世に至るまでの遺物が確認されていますが、主体的には弥生時代中期から古墳時代前期と考えられます。
 
 また、7月31日と8月3日には、社会貢献活動体験研修として市内の小中学校の先生方に発掘調査を体験していただき、この溝跡の掘り下げを行っていただきました。貴重な経験をすることができたということで、満足していただけたのではないでしょうか。
DSCF6216.jpg
7月31日作業風景(35℃の気温で暑かった)
DSCF6240.jpg
8月3日作業風景
DSCF6238.jpg
古墳前期と思われる壺が7割残存で検出

先生方、ありがとうございました。
前の10件 | -